ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

ハゲや薄毛の対策は、育毛だけではありません。表参道首藤クリニックが行うメディカルSMPは、イギリスでは十年以上前から行われている『毛根を描く薄毛対策です。

ところで、メディカルSMPって?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

メディカルSMPとは、英語で表記すると「Medical Scalp Micro Pigmentation」となり、直訳すると医療的に頭皮に細かな色素沈着をつけることとなります。

AGAが進行し毛根が消滅してしまうと、見た目的にその部分だけ頭皮が露出してしまいます。黒い髪に対し、白い肌が露出するので目立ってしまうんですね。

ですから、その部分に専用に開発された機械(マイクロニードルとインク)を用いて頭皮に毛根を描き、白い露出を隠すのです。毛根があるように見えるのと見えないのとでは、見た目に大きな差が出てきますから、部分的に薄毛所が気になる人や、傷を隠したい人にもおすすめできる治療法なんですね。

ただ、「この治療方法をやってみたい」と思っても、あまりにも珍しすぎて「大丈夫なのか?」と不安になるはずです。実際のところ、海外では話題になっている施術方法ですが、日本では全然知られていません。だからこそ、実際に体験した人はどう感じたのか?というところが気になりますね。

そこで、表参道首藤クリニックの口コミをヤフー知恵袋のような大手質問サイトを駆使して可能な限り調べてみました。

表参道首藤クリニックの口コミ&評判

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

メディカルSMPは植毛経験のある人からも注目されています。せっかく植毛したのに、傷が目立ってしまうとそこだけハゲているように見えるし、見る人によっては植毛したとバレてしまうかもしれません。植毛の傷を隠せるメリットもあるようです。

そこで、植毛の傷を目立たなくさせるためにもメディカルSMPを行おうと思う人もいるようです。

メディカルSMPっていうのは専用の針とインクで頭皮に色素を注入して、毛根があるように見せるものです。
タトゥーと違って医療行為なので医療従事者しか行えません。

主さんが見たのは朝日新聞デジタルのニュースとかじゃないですか?俺は朝日新聞デジタルのニュース見て早速カウンセリング予約してきました。昔、薄毛の治療のために植毛したことがあるんですけど、その時の傷が結構目立つんですよね。そういうところにもメディカルSMPができるそうなので期待してます。
日本ではまだ首藤クリニックしかやってないみたいなので他ではできないかもしれません。

引用元:ヤフー知恵袋

植毛の傷を隠すだけではありません。

SMPは年齢性別関係なく施術を受けることができるので、女性の方でも安心して施術を受けることができます。

私は30代のOLですが、実際に体験しました。
ずっと気になっていたてっぺんの悩みも1日で解消しましたよ♪

引用元:ヤフー知恵袋

公式ページの口コミなので当然いいことが書いてあるのですが、実際に施術を受けたプロダーツプレイヤーの田中さんの感想です。施術をするときの気持ちや施術後の感想が詳しく書かれていました。

針を入れる痛みへの恐怖もありましたがこれでハゲとは呼ばれなくなる。という魅力が圧倒的に勝っていました。実際に施術を受けた際に感じたことは、「あれ?思っていたより痛くないぞ?」でした。塗るタイプの麻酔をしていたからだと思いますが、覚悟を決めてのぞんだのに、肩透かしをくらいました。施術直後の赤みは気になりましたが、赤みが引いた跡の鏡に映った自分を見て、にやにやが止まりませんでした。1日に何度も鏡を眺めていました(笑)次の施術日が待ち遠しかったです。完成した時の喜びは例えが思いつかないほどでした。彼女からは10歳くらい若く見えるといわれました。職場に来るお客様からは前は40台に見えたけど、20代後半くらいになったねとお声を頂けました。どこまでが自分の髪で、どこからがインクなのか、今はもう自分でも分からなくなってしまいました。知人に会う時に、これ描いてるんだよ。と教えてびっくりさせるのが今の楽しみです。自分に自信を取り戻すことが出来るメディカルSMPを受けて本当に良かったと思います。

引用元:メディカルSMP公式ページ

良い口コミもありますが、悪い口コミも調べてみました。

表参道首藤クリニックの悪い口コミ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

メディカルSMPは表参道クリニックでしかできないようですし、日本ではまだ広く知られていないので不安に思う人もいることは確かです。

メディカルSMPの体験した人で、悪い口コミをヤフー知恵袋などでに投稿している人はいませんでした。しかし、まだ日本では広く知られていないので、体験している人の人数が少ないのかもしれません。良い口コミもそれほど多いわけではなく、悪い口コミもなかったので当ブログでは表参道首藤クリニックの口コミを随時募集しています。

口コミ自体は少ないですが、体験した人の声をもとに、おすすめできる点や、不安に思う点が浮かび上がったので、ピックアップしてみました。

表参道首藤クリニックの口コミからわかったおすすめポイント4点

ポイント1 植毛と違い傷が目立たない

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

植毛経験者からも傷が『目立つ』という弱点がないと話題

普通の植毛だと、傷が目立ってしまうという不安もあるようですが、メディカルSMPは自分から言い出さない限り、描いていることがほとんどバレないようです。口コミにもあるように、植毛で傷が目立ち、納得がいかなかった経験を持つ人も注目されています。

精巧に描かれているので、ほとんどの方は自分から報告するまで気づかれないようです。周囲に気づかれないように、まるで髪が序所に生えてきたように施術を受けることも可能です。

引用元:メディカルSMP公式ページ

まだ日本では広まっていないということもあるのですが、メディカルMSPの施術を受けることができるのは表参道首藤クリニックのみです。

ポイント2 日本では現在唯一の施術

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

今後日本でも広がる可能性があります。

日本ではまだメディカルSMPは広まっていませんが、すでに欧米諸国では数万例以上の実績があり、人気の薄毛治療として定着しているそうです。日本でも徐々にメディアなどで取り上げられつつあり、今後の新しい薄毛治療技術として注目を集めています。

注目を集める理由は、見た目の変化だけではありません。結果がよくてもつらい施術を受けようとは思わないですよね。

しかし、口コミでもあったように、痛みについては思った以上に少ないそうです。

ポイント3 痛みが少ない

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

施術の痛みが少ないのはうれしいですね。

痛みの感じやすさは人それぞれですが、体験した田中さんにとっては、肩透かしをくらうくらい痛みがなかったようです。

当クリニックでは、麻酔クリームを皆さまに処方しています。そのため痛みは緩和されますが、完全無痛というわけではありません。

引用元:メディカルSMP公式ページ

完全に無痛ではないようですが、他人が見て驚いてもらえることを想像するとワクワクすると思います。

ポイント4 見た目の変化を実感できる

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

髪の毛があるように見えるだけで、10歳若く見られることもあるんですね。

田中さんの口コミからは、顔を合わせることも多い彼女さんからも『10歳若く見える』と言われ、お客さんからも40代くらいに見えていたのが20代後半に見える』と言われたそうです。髪の毛があるように見えるだけで、見た目の印象が全く違うようですね。

ここまでおすすめポイントをまとめましたが、次は心配な点です。

口コミや公式ページから感じ取った心配な点を紹介していきます。

メディカルSMPの心配な点は?

心配な点1 タトゥーと同じ?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

メディカルSMPは薄毛治療を目的とした医療行為であると紹介されています。

日本では銭湯や海水浴場などでタトゥーや刺青をしている人を入場拒否する場所もありますが、メディカルSMPは医療行為として認めらているため気にする必要はありません。また、都内区役所からもメディカルSMPの施術をした職員を公平に扱うという回答も公式ページには記載されています。

公共機関やタトゥーが禁止されている場所でも問題はなさそうですね。

違います、メディカルSMPはアートメイクの一種です。タトゥー(刺青)は体の装飾を目的として行いますが、メディカルSMPは薄毛治療を目的とした医療行為です。また、刺青とは使う器具やインクも異なります。マイクロニードルが皮膚へ刺さる深さも異なり、それは訓練を詰んだ医療従事者だからこそできる施術であると言えます。

引用元:メディカルSMP公式ページ

心配な点2 発毛とは違うの?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

薄毛対策として、見た目の改善にはつながりますが、髪の毛が生えてくる治療ではないようです。

特殊なインクを頭皮に注入し、毛根を描く施術なのでAGA治療ではありません。

心配な点3 メンテナンス費用は?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

メディカルSMPは一度やればずっと続くわけではないようです。2年に1回ほどメンテナンスをおすすめしています。

メンテナンスは、施術してから1年間は無料でメンテナンスをしてくれると公式ページには記載されています。

色落ち部分をリタッチしてくれるようですが、それ以外だと有料メンテナンスの対象となってしまうので注意が必要です。

また、2年に1度のペースでおすすめされているメンテナンスは、1回30000円(税抜き)と公式サイトには記載されています。

施術後1年間 無料
通常メンテナンス 30000円(税抜き)

メンテナンスは通常 1回 30,000円(税抜)でお受付いたします。
推奨期間は2年に1度となります。 メンテナンスを重ねることで、染料の沈着が安定していきます。
その為、メンテナンスの周期は段々と伸びていきます。

引用元:メディカルSMP公式ページ

以上が口コミからわったおすすめポイントと心配な点でした。

次に、公式ページや口コミから、メディカルSMPの施術を受けることによってどのような効果が得られるのかをまとめてみました。

メディカルSMPの効果は?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

あたかも髪の毛が生えているかのうように見える技術が人気のようです。

  • 毛根があるように見える
  • 効果が目でみてすぐわかる
  • 植毛などの傷を隠すことができる
  • 頭部全体に描いてもほとんどバレない

SMP施術ができるのは医療従事者のみです。頭皮に毛根があるように描くメディカルSMPは医療行為として認められています。メディカルSMPは、施術後すぐ見た目の変化があるだけでなく、植毛の傷を隠すなど、他の薄毛治療との併用が効く点もおすすめされる理由です。

また、年齢・性別が関係なく、毛根が死滅してしまっている人でも、受けることができるのが魅力的ですね。

では、料金はどのようになっているのか、施術範囲と金額の参考例を紹介します。

表参道首藤クリニックの治療料金は適切?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

施術範囲が大きければ大きいほど値段は高くなりますが、ツルツル頭の人が、坊主頭くらいなるには75万円ほどかかると公式ページに記載されています。

施術範囲 時間(回数) 料金
1・小さな範囲で気になる場所

※名刺半分大のサイズが目安になります。

2時間

(1回)

100,000円
2・ヘアライン及びその周辺(M字部分等)

※名刺大のサイズが目安位になります。

3時間

(1~2回)

150,000円
3・分け目などの密度アップ 3時間

(1~2回)

150,000円
4・2よりも広範囲のヘアライン及びその周辺 5時間

(2~3回)

250,000円
5・ヘアラインから後頭部にかけて 6時間

(2~3回)

300,000円
6・5よりも広範囲のヘアラインから後頭部 7時間

(3~4回)

350,000円
7・6に加え、残毛部分の密度アップ 10時間

(4~5回)

500,000円
8・全頭性円形脱毛

※施術面積によって金額が異なります。

15時間(5~6回) 750,000円

値段の感じ方は人それぞれですが、当ブログ管理人の意見としては、自毛植毛に比べると安く、AGA治療に比べると高いと思いました。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

『これ髪の毛を描いているんだぜ』とカミングアウトしてしまいたくなるかもしれませんね。

2016年5月から開始されたメディカルSMPはまだ日本で広くは知られていませんが、イギリスでは十年以上前からある薄毛治療です。

まだ日本では、広まっていないこともあって『タトゥーとどう違うの?』と思う人もいるようですが、専用に開発された機械を用いて頭皮に毛根を書く『医療行為』です。

医療行為として認めれているため、公共機関やタトゥー禁止の場所も胸を張って行くことができると思います。

公務員の人でもメディカルSMPを受けることができると公式ページでも記載されていました。

都内区役所の回答

ファッション目当てのタトゥーとしてではなく、薄毛治療の1つとして、メディカルSMPを選択した職員を公平に扱います

  • 日本ではよく知られていないがイギリスでは十年以上前からある薄毛治療 
  • 発毛治療ではないので、髪の毛が生えるわけではない
  • メディカルSMPは髪の毛を描く医療行為
  • 年齢性別を問わず治療を受けることができ、他の薄毛治療と併用ができるので植毛の傷を隠すこともできる