ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

ハゲや薄毛の人が美容室に行くことを、美容師さんはどのように思っているのでしょうか?

もちろん美容師個人個人で意見は変わると思いますが…

ただでさえ髪の毛が少なくなってきているのに、美容室で髪を切るのは、抵抗があったりするものです。薄毛で美容室に行くと美容師にどのように思われているのか心配になります。

もしかして、『陰で笑っているのではないか・・・』、そう思うと美容室に行くのをためらってしまいます。今回は、ハゲや薄毛の人が美容室にいったとき、美容師はハゲや薄毛のお客をどう思っているのかを調査しました。

ハゲや薄毛は美容院に行くべき?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

実は美容室に行った方がお得です。

薄毛なのに髪を切りに行くことに抵抗があるかもしれませんが、実は美容室には行く方がよいです。

質問:

髪が薄いのに美容室に行ったら美容師や周りの客にバカにされるでしょうか?

(中略)

回答:

薄毛の人はボサボサにしているとなおその部分が目立ってしまいます。むしろ、さっぱりこぎれいにしている方が気にならないと思います。美容室には薄毛の人はいっぱい来ますよ。

引用元:ヤフー知恵袋

このことからわかるのは、思っている以上に薄毛の人もたくさん来るようです。美容師の人にとっては、ほかのお客さんと変わりない対応をしてくれるとのこと。そして、髪の毛を整えて、目立たなくすることをおすすめしています。

私の家族にも円形脱毛症の者がいますが、毎月行きつけの美容院に行っていますよ。断られることなんて絶対にありませんから、安心してください。むしろ、断られたりするかもしれないと心配して、髪を切らずに伸ばしっぱなしにしたり、抜けるのを気にして洗わずに放っておくほうが、症状悪化につながるようですよ。美容師さんには、円形脱毛があることを話して、それが目立たないようにカットして整えてほしいと頼めば良いと思いますよ。

引用元:ヤフー知恵袋

 髪の毛を切ることは、髪の毛を減らすことではないのです。髪の毛を美容室へ髪を切りにいくことは、ハゲを隠したり、ふけや頭皮のケアにもなります。

もちろん、髪を染めたり、パーマを当てたりするのは、髪の毛にダメージを与えるのでおすすめはしません

building_biyouin

美容師はハゲや薄毛の客をどう思っているのか?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

美容師さんがハゲや薄毛のお客をどう思っているのか、気になりますよね。

実は、ハゲや薄毛の人には正直に悩みを言ってほしいという意見が多いようです。

美容院に行きたいですが、薄毛が恥ずかしいです。笑われないでしょうか?長年の抜毛症で、かなり薄毛やら髪の毛の生え方がまばらなのが恥ずかしく、 美容院に長年行けていません。

(中略)

回答:

絶対笑われません。美容師はプロです。髪が薄い方、逆に多すぎるかた、天パ、円形脱毛症など色々な方を見ていますし、お客さまの悩みを解消してあげる事も大事な事と思っているはずです。
普段使っているウィッグを持っていった方がいいと思いますが、初めては不安がイッパイだと思うので、一度電話で美容室の対応を確認するのも1つです。ここなら行ってみようと思うお店が見つかったら行ってみてください。不安が残る様な対応なら、違う所にすれば、いいと思います。きっと大丈夫です。

引用元:ヤフー知恵袋

美容師さんは、髪の毛の悩みを解決してくださるプロでもあります。笑っている時点でプロ失格なのです。なので、勇気がいるかもしれませんが、思い切って相談してもいいかもしれません。

美容師さんに薄毛の相談したことありますか?

私はありません。ブローの仕方や、セットで誤魔化せそうですが恥ずかしくて訊けません。

髪が直毛で、スカスカ・ヒラヒラ感があります。パーマをして誤魔化そうと思うのですが、美容師にパーマの目的をハッキリ伝えたほうが良いでしょうか?

回答:

元美容師ですが私なら全然言ってほしいです。一緒に考えていけるし、薬剤の選定とかもあるし・・・髪に良いものとかスキャルプケアとか一緒に考えていけるじゃないですか!信頼出来る担当さんなら言ってみたらどうですか?同性ならなおさら!

引用元:ヤフー知恵袋

美容師さんは、薄毛などの悩みを素直に相談してほしいと思っています。そうすることで、ハゲが目立ないようなカットをしてくれたり、セットを教えてくれたりするので素直に相談することも重要です。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

ハゲや薄毛になってしまうと美容室に行くことは抵抗があるかもしれませんが、ハゲや薄毛を目立たなくしてくれるので、行くことをおすすめします。

美容師の人がハゲや薄毛をどう感じているのかというと、ほかのお客さんと何ら変わらない対応をしてくれます。むしろ、髪のダメージや、ハゲや薄毛をわかりにくくするようにカットやセットをしてくれるところが多いようです。

また、AGAの治療中など、散髪にいくことに抵抗があるかもしれませんが、パーマやカラーをしなければ、大丈夫です。ワックスによるスタイリングも、きちんと洗い落とせば、AGA治療中でも問題ないとされています。

ハゲや薄毛が目立たなくなると、気分が違い、鏡を見るたびに感じていたストレスも軽減されるかもしれません。

ハゲや薄毛になってしまうと、美容室にいくことが怖くなってしまいがちですが、美容室に行くこともハゲや薄毛対策の一つになるようです。

まとめ

  • ハゲや薄毛でも、関係なく、ほかのお客さんと同じように対応をしてくれる
  • ハゲや薄毛を目立たなくするように髪の毛を整えてくれる
  • 薄毛のお客さんもたくさん美容室にくる

※もちろん、美容師によっては馬鹿にした態度をとる人がいるとは思います。そういった美容室は教育がなってないので、その後は行かない方が良いですね。