ブルーライト ハゲ

ハゲに悩むボクハゲに悩むボク

パソコンやスマホがハゲの原因になっているかもしれません。今回は、眼精疲労はハゲの原因になるのか、ブルーライトが頭皮に及ぼす影響を紹介していきます。詳しくは以下をご覧ください。

眼精疲労とは

お姉さんお姉さん

眼精疲労はただの『目の疲れ』ではないようです。

眼精疲労は休憩をしても目の痛みや霞み(かすみ)、頭痛などの症状が残り、一般的な『疲れ目』よりも重い症状がでてしまうそうです。

眼精疲労の主な自覚症状は目に関するものとして、疲れによる充血、かすみや視力の低下など。また目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。さらに進行すると、イライラや不安感、抑うつといった症状へ発展することもあります。

引用元:吉野眼科クリニック

眼精疲労は、視力の低下だけでなく、イライラや不安感といった、ストレスへの発展もあるようです。

眼精疲労はハゲの原因になるか?

お姉さんお姉さん

実は眼精疲労はハゲの原因になるようです。

目を使い過ぎると薄毛や抜け毛を引き起こしますから、ときどき休憩を取るなどすることが必要

引用元:東京ビューティクリニック

パソコンやスマホを見る時間が長い人は注意が必要で,目を使いすぎるとハゲや薄毛の原因となるようです。

最近では目の疲れから薄毛に影響を及ぼすという報告も耳にします。仕事でパソコンを使う方をはじめ、スマホやゲームなどで長時間画面を見続けることで、目の周辺・顔・肩・首の血行が悪くなり、肩こりや眼精疲労となるのはよく知られたところ。これらの部位は頭皮ともつながているため、大部分が血行不良となると頭皮の血行不良にもなります。

引用元:クリスタルメンズクリニック

眼精疲労がハゲに影響するのは、目の疲れによる血行不良のようです。目の周りや顔や首の血行は頭皮に影響が大きく、血行不良になると頭皮に栄養が届きにくいといわれています。

パソコン・スマホのブルーライトの影響

お姉さんお姉さん

ブルーライトは眼精疲労だけでなく、睡眠不足、食欲増加にも影響を与えます。

ブルーライトによる身体への影響

  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 食欲増加

眼精疲労

目の疲れの原因の一つが『ブルーライト』です。パソコンやスマホから出ているブルーライトは、目に相当な負担を当たえる強い光だといわれ、目を疲れさせてしまうようです。

ブルーライトは眼精疲労の原因といわれています。

ブルーライトは波長が短いため、
網膜に達する前に焦点を結んでしまいます。

そのため、網膜へピントを合わせるのに非常に労力を要します。
色がボヤけやすいということもあり、
人間の目にはあまり嬉しくないものなのです。

さらにブルーライトは、空気中で散乱しやすいといわれ
目にとって、まぶしすぎる刺激を与えることになります。
散乱した光をひとつにまとめてピントを合わせるって
大変ですよね?
そのため、目も脳もフル回転で仕事をしないといけないので
普通に物を見るよりも、たくさん働かないといけません。

こういった事情により、 眼精疲労を起こしやすい と言われています。

引用元:さくら眼科

睡眠不足

また、ブルーライトは睡眠不足を招くといわれています。

◎ブルーライト浴びる→メラトニン生成が抑制される→睡眠障害が起きる

この流れによって健康に悪影響がでる、例えば男性なら前立腺がん、女性なら乳がんのリスクが高まる、という医学論文がいくつか出ています。ブルーライトがメラトニンの生成分泌に影響を与えていることは間違いないと仮定して、良好な睡眠がとれなく概日リズムが崩れることが様々な病気の原因になっている、という論法はそれなりの説得力があります。

引用元:五本木クリニック美容皮膚科

睡眠時に、髪の毛へ栄養を届けたり、成長ホルモンが分泌されやすいので、睡眠不足は育毛の妨げになってしまうようです。

食欲増加

実は、ブルーライトには食欲増加の影響もあります。食欲増加自体はハゲや薄毛に関係はあまりないかもしれませんが、満腹を感じさせるホルモンを低下させてしまい、深夜に食事をしてしまったり、暴飲暴食のきっかけになってしまうかもしれません。

同じカロリーを摂取する健康な10人の大人を実験の対象にしました。20ルクスの光のもとで16時間生活をさせて、3ルクス以下の状態で8時間睡眠をとらせました。別の日には起きてから10.5時間後から3時間260ルクスのブルーライトを3時間浴びせてました。暗い光のもとでの生活におけるデータと260ルクスのブルーライトを照射した生活におけるデータを比較したところ

3時間ブルーライトに晒された場合、飢餓状態が強くなり、空腹感が増すために食事を余計にとる結果が出たとのいう結論が導かれました。

引用元:五本木クリニック美容皮膚科

参考⇒Study links evening blue light exposure to increased hunger

暴飲暴食や夜間の食事は、血液が胃に集中してしまい、髪の毛への栄養補給の妨げになるといわれています。食事もハゲや薄毛に関係があるといわれているので、次の記事も参考にしてみてください。

ブルーライトはカットするべき?

お姉さんお姉さん

ブルーライトのすべてが悪いわけではありませんが、夕方以降はカットする方がいいかもしれません。

ブルーライトは日光にも含まれており、朝起きて外に出ると目が覚めます。日中のブルーライトは、脳を覚醒させるためには必要なものなので、体内時計をリセットし、脳と体を活動状態に向けて活性化させる上でとても大切なものでもあるようです。

しかし、パソコンやスマホのブルーライトは眼精疲労や寝不足、食欲増加などの影響を与えるので、夜に多く浴びることは避けた方がよいようです。

就寝する2時間前にはこれらのブルーライトをできるだけ浴びないようにする工夫が必要です。また就寝中に安全目的で終夜灯を使う方も多いと思いますが、終夜灯の明るさであっても睡眠を障害することが報告されています。睡眠時はできるだけ暗くする工夫が必要です。

引用元:満尾クリニック

睡眠は髪の毛の成長には欠かせないものです。

睡眠と育毛については以下でも詳しく取り上げているので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

  • 眼精疲労は頭皮の血行不良やストレス増加につながり、ハゲや薄毛の原因となる
  • ブルーライトは脳を覚醒させ、睡眠不足を引き起こしやすい
  • パソコンやスマホのブルーライトは寝る2時間前にはカットしておいたほうがよい