お姉さんお姉さん

IGF−1は育毛促進だけでなくアンチエイジングにも効果があると言われています。IGF-1の効果や副作用について紹介していきます。

AGA治療において、IGF−1は薄毛治療だけでなく、アンチエイジングに重要な物質と言われています。しかし、IGF-1を多量に摂取した場合、副作用があるそうです。

今回は、IGF-1の効果や、副作用について紹介していきます。

そもそもIGF‐1って何?

お姉さんお姉さん

IGF-1は身体の成長や治癒に関する成長因子のひとつです。血糖値を下げ、毛根の治癒に効果があるようです。

IGF-1(insulin-like growth factor-1)とはインシュリン様成長因子です。インシュリンに非常によく似た構造を持つ増殖因子で、成長ホルモンにより肝臓で産生され、育毛に重要な役割を果たしてくれるようです。

IGF‐1には、以下のような効果があるとされています。

  • 育毛効果
  • 美肌作用
  • 生活習慣病予防作用
  • 抗うつ作用
  • 認知機能改善作用

つまり、IGF-1は育毛だけでなく、アンチエイジング、健康面でよい影響を及ぼすようです。

IGF‐1を使ったAGA治療とは

お姉さんお姉さん

IGF-1を摂取することで、ヘアサイクルの成長期が長くなり、毛髪の成長が促されるようです。毛根でより多くのIGF-1が生成されれば、育毛効果があると考えられています。

AGA治療方法として、食べ物や薬で知覚神経を刺激して頭皮のIGF-1を増やす方法や、IGF-1を頭皮に注入する方法があります。

頭皮のIGF‐1が増加することで以下のような効果が得られるとされています。

  • 毛包の炎症抑制
  • 毛髪サイクルの成長期延長、退行期及び休止期の短縮
  • 毛髪蛋白(もうはつたんぱく)量の増加と質の改善

IGF-1が増えるということは、発毛を促進させることに直結するようです。

IGF-1が増えることによって毛髪サイクルが正常になることは、KM新宿クリニックの公式ページでも紹介されていました。

髪は成長期(育つ)、退行期(抜ける)、休止期(休む)というサイクルを繰り返し、これを周毛期といいます。 正常なサイクルでは休止期に入り、髪は一旦抜けますが、再び成長期に入ると活動を始めて太くて長い髪に成長します。 毛髪サイクルは、多くの形質転換因子(サイトカイン)によって大きく影響され、中でも最も強力な退行期誘導因子の[TGF-β]は髪の成長を妨げるに対し、 [IGF-1]は髪の成長を促す役割があります。
これらの髪の成長に関与するサイトカインの内、マイナスの働き([TGF-β])を抑制し、プラスの働き([IGF-1)を活性化させれことで、 毛髪サイクルの正常化をはかり、薄毛の治療ができます。

KM新宿クリニック公式ページ

IGF−1で本当にAGA治療ができるの?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

IGF-1を増やす治療を行っているクリニックはたくさんあります。

血液学研究の過程で見出されたIGF-1が増える方法を、名古屋KクリニックではAGA治療に使っているようです。

名古屋Kクリニックで粉われているAGA治療は、胃袋や頭皮の知覚神経を刺激し、関節的または直接的に毛根のIGF-1を増やしていく治療のようです。

IGF-1は強い育毛効果を持っているので、知覚神経を刺激し、毛根のIGF-1を増やすことは“育毛のアクセルを踏み込むこと”に相当し、プロペシア投与でIGF-1の減少を食い止めることは、“育毛のブレーキを解除すること”になり、両者の治療法の併用で、より高い育毛効果が期待できます。

名古屋Kクリニック公式ページ

AGAスキンクリニックでは、成長因子であるIGF‐1が入ったカクテルを頭皮へ注入することで、AGA治療を行うようです。

カクテルを頭皮へ注入する治療は、第一印象は痛そうに思えるのですが、AGAスキンクリニックでは、ほとんど傷みがなく、現在最も効果があるといわれている治療法の一つのようです。

Dr’sメソ(AGAメソセラピー)の役割は、不足している発毛成長因子を補完し、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すこと。発毛成長因子を補完する方法は、現在もっとも有効な薄毛対策として全世界で注目を集めています。

AGAスキンクリニック公式ページ

IGF−1の投与は危険?副作用について

お姉さんお姉さん

IGF-1を多量に投与されたとき、起きてしまう副作用について紹介していきます。

良い薬でも飲み過ぎたり、用法容量を守らないと、あなたの身体でいろいろな症状が出てしまいますよね。

IGF−1は発毛を促進させたり、アンチエイジング効果をもたらしたりする良い性質を持っていますが、もしIGF-1を多量に投与されたならば、

  • 浮腫
  • 関節痛
  • 顎関節痛
  • 頭痛
  • ベル麻痺

などを引き起こす可能性があるとされています。

あくまで多量のIGF−1が投与された場合に起こることです。

AGA治療については、危険な副作用の症状は報告されていないようです。

IGF−1を増やす治療を行っている名古屋Kクリニックの口コミや公式ページには、副作用に対するコメントや記述はありませんでした。

当サイトではIGF-1でのAGA治療の副作用の情報も募集しております。

⇒ AGA治療においてのIGF-1の副作用の口コミ投稿はこちらから

食事でIGF−1を増やす方法は?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

食べ物で知覚神経を刺激することや、適度なストレスを身体に与えることは発毛効果が期待されるようです。

頭皮のIGF-1を増やす方法は、知覚神経を刺激することです。つまり、痛みや、熱さといった刺激を脳に伝えることで、頭皮のIGF-1が増えると言われています。

唐辛子などの辛い食べ物に含まれるカプサイシンは、知覚神経を刺激し、IGF−1が増やすようです。

しかし、刺激物をたくさん食べることは身体に良くないとされているので、辛い物の摂り過ぎには注意が必要ですね。

また、適度なストレスは頭皮のIGF-1を増やす要因とされています。

ストレスに直面すると、身体がストレスを克服するために治癒力や免疫力が向上するようです。

少しイラッとしたときは、『アンチエイジングや育毛に役立っている』と思ってポジティブに考える方がいいですね。

まとめ

お姉さんお姉さん

IGF‐1は多量に摂取した場合に副作用があることは事実ですが、医師の指導のもとで行われるIGF-1注射や、IGF-1を摂取できる量の少ないスプレーやタブレットなどのサプリメントにおいては、懸念する必要はそれほどないのかもしれません。

あくまで、IGF-1を多量に摂取した場合ですので、AGA治療においてIGF-1注射によって副作用がでることはないそうです。

IGF-1に副作用があることよりも、発毛効果があることの方が重要なのです。

AGAスキンクリニックでは、育毛を促進させるミノキシジルやIGF−1を配合した『オリジナル発毛カクテル』を注入する治療を行っています。この治療法は、現在最も効果があるとされる治療方法の一つとされています。

⇒AGAスキンクリニック治療体験記

まとめ

  • IGF-1は育毛作用があるとされる重要性分
  • IGF‐1は育毛だけでなくアンチエイジングの効果もあると言われている
  • IGF‐1の多量に投与されたり、過剰に摂取すると危険だが、AGA治療においての事故などの報告はない
  • IGF‐1は知覚神経を刺激することや、適度なストレスがあることで増える
  • 医師の指導のもとで行われるIGF-1注射や、IGF-1を摂取できる量の少ないスプレーやタブレットなどのサプリメントにおいて、副作用を懸念する必要はない