ハゲに悩むボクハゲに悩むボク

ミノキシジルは発毛促進があるとして、多くのクリニックで処方されたり、育毛剤に使われていたりしています。しかし、最近では、ミノキシジルの副作用を心配する声もあるようです。

ハゲや薄毛に効果的な薬としてAGAの治療クリニックや皮膚科で処方されるのがミノキシジルです。しかし、現在、ミノキシジルを処方するクリニックとミノキシジルは処方しないクリニックに分かれています。

今回は、ミノキシジルの発毛効果と副作用について紹介していきます。

ミノキシジルとは?

お姉さんお姉さん

ミノキシジルとは、現在もAGA治療の薬として使われることがある、発毛促進効果があると言われる薬です。

ミノキシジルは、毛細血管を拡張させて血圧を下げる効果がり、もともとは高血圧患者に使用するように、医療現場で使用されていました。

血圧降下剤として使用されていたミノキシジルに、『発毛促進効果が見られる』として発見され育毛剤としての研究が始まったそうです。

kenkyu_man

現在は育毛剤にも入っており、また、皮膚科やAGA治療クリニックでも、飲む発毛剤として処方しているところもあります。

効果としては、頭皮の血行が促進され、毛細血管から毛乳頭が柔軟に栄養を得ることができるようになり、頭頂部や生え際の発毛が促進されるとのこと。

しかし、発毛効果とは別に『副作用』があるとされているので、処方する病院と処方しない病院に分かれています。

ミノキシジルの副作用とは?

お姉さんお姉さん

ミノキシジルには副作用があるとされていますが、発毛促進の効果も期待されることから処方するかどうかは病院やクリニックの判断次第です。

ミノキシジルは発毛効果があるとして有名なので、AGA治療クリニックで、副作用について質問することもあると思います。

病院やAGA治療クリニックのほとんどは、発毛効果があると言いますが、処方するかどうかはそのクリニックの考え方しだいです。

例えば、ミノキシジルを処方しないこちらのクリニックはきちんと理由を載せていました。

ほかにも男女ともに有効なお薬があります。
それはミノキシジルタブレット
もともとは高血圧のお薬です。
血行改善効果を利用しています。
非常に有効です。
育毛治療をご希望されている方には
一応ミノキシジルタブレットの有効性に
ついてはご説明しておりますが、
長期服用におけるリスクの可能性を
ご説明しておりますので希望される方は
いらっしゃいません。

当院ではすべての病気において、
お薬の服用をみなおして、

お薬にばかりにたよらない治療を目指しています。
そして健康で楽しくアクティブなエイジングを
送っていただくことをモットーにしておりますので
ミノキシジルタブレット(内服薬)は
処方いたしません。

もともと高血圧のお薬であるこのミノキシジル
タブレットを長期間服用し続けることは、
さまざまな見えないデメリットを引き起こす可能性
があります。
したがって私の大切な家族や友人には服用させて
いません。
そして私の周りの医師も、患者様には処方する
けれど先生ご自身は服用していないという方
ばかりです。

そして当院にはこれまでに、ミノキシジルタブレットの
服用による副作用で受診された方が多くいらっしゃ
います。
女性の服用による全身の多毛。
顔や体に男性のような濃い毛が生えてしまい、
レーザー脱毛希望で受診された方。
男性のEDなどです。
いずれも服用中止で改善していますが、
ミノキシジルタブレットによる副作用で
あることに気がつかずに服用を続けている方が
いることも考えられます。

スキン・ソリューション・クリニック公式ページより

こちらのクリニックでは長期的な治療では副作用が起こりうるとして、自分では使わないミノキシジルは、患者には処方しないという方針をとっているようです。

では、その『起こりうる』とされている副作用をまとめました。

頭痛、めまい、動悸、息切れ
血管拡張作用により血圧が低下するため、心臓が過剰に血液を供給しようとする働きから起こり
服用しはじめは軽度のもは、半数程の患者に見られるという病院もあります。

多毛症
全身の体毛が濃くなる症状で、もっとも訴えの多い
副作用とされています。

赤ら顔、皮膚の潮紅

ED(勃起不全)・性欲減退
医学的にはまだ原因が証明されていないようですが、多くの事例があるとされています。

血圧低下
もともと血圧降下剤として使用されていたものなので、血圧を下げる効果があります。

なので、長期的な服用では臓器の機能低下につながると考えられているようです。

初期脱毛
服用開始時期に、一時的に毛髪が多く抜ける症状です。
原因は解明されていないようです。

では、キシジルは使用しない方がいいのかというとそうではないようです。外用薬やクリニックオリジナルの内服薬などでまた結果が違ってくることもあるようです。

外用薬に関しては、

ミノキシジルは塗布タイプの脱毛治療薬のため、副作用の発現率は極めて低い薬です。
副作用としては主に塗布部位の痒み・かぶれ・湿疹があげられます。
多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。また、日焼けした頭皮に使用する使用する場合、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こる可能性があると言われています。
気になる症状が出た際には必ずご相談ください。

イースト駅前クリニック公式ページより

外用薬についてのデメリットはこちらです。外用薬ではどうしても効き目がゆるいようです。

同じ有効成分、フィナステリド・ミノキシジルでも外用薬では副作用が出にくいことがわかっています。
内服薬のように体の中から直接有効成分を取り入れるものではないので、副作用が出にくいと言われています。
しかし、それと同時に効き目もどうしてもゆるやかになってしまいます。そのため、すぐに目に見えるような効果を出せるものではありません。
外用薬だけでの治療は、長い時間をかけて改善していきたい人におすすめの治療方法と言えます。
その点はしっかり理解し、自分に合った治療法を選択していきましょう。

ルネッサンスクリニック公式ページより

ミノキシジルが配合されたタブレットでも副作用がほとんどないとされるところもあります。

池袋・上野ユナッドクリニック東京各院で多毛以外では1例で浮腫(200例処方時)が見られた方がいました。それ以外の副作用は認められておりません。現在のところ重篤な副作用がみられた方はいらっしゃいません。

ユナイテッドクリニック池袋院公式ページ

ミノキシジルに対する管理人の意見

なんらかの薬を飲めば、副作用が出る人と出ない人がいるのは当たり前のような気がします。

今回のミノキシジルの副作用が危険という人は、クリニックではまず処方をされないでしょうし、診察や血液検査・病歴からも、判断して問題ないされたならば、AGA治療クリニックや病院も処方すると思います。

大切なのは、ミノキシジルが配合された内服薬を処方されるときに、きちんと副作用についての説明があるかどうかですね。

おそらく多くのAGA治療クリニックではきちんと説明があると思います。

また、出るとされる副作用ですが、医学的な根拠がまだ証明されていないものもありますので、一概にミノキシジルが原因とは言い難い部分もあることは事実です。

とくに、頭髪で悩む人は精神的な部分の影響も大きいですよね・・・。

命にかかわらない限り、とくに危険性はないと感じますし、そもそも、命に関わる副作用ならば、病院やクリニックで処方しませんので。

なので、どうしても副作用が気になる方は、外用薬のみでの長時間かけての治療や、副作用が全くないとされる治療法を病院側に相談するといいですね。自分にあった治療を選択をすればいいと思います。

また、育毛剤に関しては、副作用を気にしなくていいと言われているキャピキシルという成分も注目されています。

初期脱毛について

ハゲに悩むボクハゲに悩むボク

初期脱毛は副作用というより、新しい髪の毛への生え変わる過程なのであまり気にする必要はないようです

治療過程なので、初期脱毛を副作用と言うかは個人の感覚次第ですね。

副作用として取り上げていますが、初期脱毛は、『生え変わり』のようなものだそうです。

つまり、新しい髪が生え始める準備のようなもので、心配はないとされています。

ただ、AGA治療に行っていたのに、治療開始から2週間くらいで抜け毛が増えてしまうのでびっくりしてしまう人も多いようです。

しかし、これは初期脱毛なのか、悪化しているのか不安になってしまうこともあると思います。

なので、初期脱毛と悪化との見分け方のポイントを紹介します。

初期脱毛と悪化との違い

  • AGA治療クリニックでなんらかの薬を処方してもらった(初期脱毛の可能性が高い)
  • 育毛剤を使い始めた(初期脱毛の可能性が高い)
  • かゆみや炎症を起こしている(悪化している可能性が高い)

つまり、AGA治療のための治療を行ったり、薬を飲んでいたり、育毛剤を使っていて髪の毛が抜けてしまっている場合は、初期脱毛の可能性が高いですが、異常なかゆみや炎症が見られる場合は、悪化して抜け毛が増えている可能性が高いです。

湯シャン

どうしても、不安な人は、処方してもらった病院やクリニックに診てもらって、先生に判断してもらう方いいですね。

まとめ

お姉さんお姉さん

発毛効果があるとされていますし、本当に危険なら処方されないと思います。

ミノキシジルは今も昔も、AGA治療に使われる有効成分だとされています。

今後、新しい発毛成分などが開発されたり発見されたりするかもしれませんが、ミノキシジルは現時点でもっとも研究が進んでいる成分の1つかもしれません。

内服薬治療は、現在のAGA治療でも有効な治療ですし、それぞのクリニックでHARG治療やメソセラピーなどと組み合わせることが多いようです。

いろいろな治療法はありますが、内服薬も使用することが多いので、副作用が多少あっても危険とは言えないようですね。

なので、ミノキシジル成分の内服薬を使用して、大丈夫なのかどうかをカウンセリングや診察で診てもらうことが大切です。

自分で勝手に判断して、薬をもらったり買ったりしてしまうと、副作用と呼ばれる症状が出てしまうかもしれません。

なので、必ずAGA治療クリニックで処方されたものを使用するようにだけは気をつけた方がいいと思います。

まとめ

  • ミノキシジル含有の内服薬は現在でも、AGA治療クリニックでも使用されていることが多いことから危険ではないようです。
  • 外用薬は副作用の可能性が低いと言われています。
  • 初期脱毛は悲観的な副作用ではなく、生え変わる過程のようです。