お姉さんお姉さん

インターネットでプロペシアの個人輸入の方法などを紹介してるサイトもありますが、個人輸入はおすすめしません。

プロペシアの個人輸入が危険と言われる理由を紹介していきます。

プロペシアはハゲや薄毛治療に使われており、AGA治療クリニックで処方される薬です。薬局では決して手に入れることはできないプロペシアのジェネリック薬が手に入れることができるのが個人輸入です。

  • 『頭皮が気になるけど病院に行くのはめんどくさい』
  • 『プロペシアのジェネリック薬を手軽に手に入れたい』

と考えている人は要注意です。今回の記事では、プロペシアのジェネリック薬の個人輸入について紹介していきます。

プロペシアのジェネリック医薬品とは

お姉さんお姉さん

AGA治療クリニックで処方されている『プロペシア』は、MSD㈱が製造しています。

『プロペシア』の有効成分フィナステリドの特許期間が満了を迎えました。フェナステリドの特許期間満了で、MSD以外の製薬会社が厚労省から同じ有効成分での製造販売承認を得て販売することができます。つまり、MSD以外の製薬会社がフィナステリドを有効成分として男性型脱毛症(AGA)の治療薬を『後発医薬品』として販売することができるということです。

ジェネリック薬は、有効成分が同じであり、効果効能も変わらず、値段も安いことで知られるようになりました。プロペシアも例外ではありません。プロペシアのジェネリック薬も、プロペシアよりも少し安くなっています。

medicine_generic

プロペシアの個人輸入が危険と言われる理由

お姉さんお姉さん

個人輸入が危険と言われる主な理由なこちらです。

  • 医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがある
  • 健康被害や詐欺の例が多数報告されている

医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがある

個人輸入した医薬品等を、他者に販売、授与等した場合、医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがあります。医薬品等を営業のために輸入する場合には、医薬品医療機器等法に基づく承認・許可等が必要となります。

厚生労働省

プロペシアを個人で輸入し、個人で使用するだけなら違法にはなりません。しかし、問題はそれが本物であるかどうかです。異なった成分、違法な成分が配合されている場合や個人で輸入したものを他人に販売した場合など違法となる可能性は十分に考えられます。

健康被害や詐欺の例が多数報告されている

日本国内でも個人輸入したダイエット薬を服用して死に至った事例をご存知でしょうか?これはダイエット薬に限ったことではありません。海外から通販で輸入する薬の中には偽者も多く、成分量も安定していないものも多くあります。こういった薬を医師の処方もないのに服用すると死に至ります。プロペシアは国内でも医師の処方のもと服用することが義務付けられています。特に肝機能が落ちている人は、重篤な副作用がでる場合もありますので、必ず医師の処方のもと服用ください。

AGAスキンクリニック公式ページ

本来、プロペシアは医師の診察が必要な薬です。それを個人で輸入し、本物か偽物かもわからないまま使用することはたいへん危険です。薬を個人輸入するだけでも相当なリスクを背負うにも関わらず、プロペシアのジェネリック薬を個人輸入することは、さらにおすすめしません。

プロペシアのジェネリック薬の個人輸入が危険である理由

お姉さんお姉さん

プロペシアなどハゲや薄毛の治療薬は世界的にも人気があります。その分、偽物も出回りやすいと考えられています。

  • プロペシアのジェネリック医薬品は種類が多い
  • ジェネリックが解禁されてから時間があまり経っていない

プロペシアのジェネリックが解禁され、各製薬会社がジェネリック薬を製造販売していきます。今後、プロペシアのジェネリック薬がどんどん増えていくことが予想されます。では、プロペシアのジェネリック薬が増えることで、なにが危険なのかというと、偽物が出回りやすくなるということです。

今までは、『本物のプロペシアかどうか』で判断することもできましたが、ジェネリック薬が出てきてしまうと、聞きなれない薬の名前になります。聞きなれない薬の名前を『プロペシアのジェネリック薬』と信用して輸入しなければならないのです。つまり、本物のジェネリック薬の数だけ、偽物の可能性も増えるということです。

もし、聞きなれない薬の偽物を作られてしまったら、偽物だと気が付かない可能性は高くなります。本物のプロペシアかどうかも、確かめようがないのに、聞きなれない薬だと、偽物だったことすら気が付かない可能性も高いですよね。

さらに、プロペシアはジェネリック薬が解禁されてから、時間が経っていないため、今後多くの会社も参入が見込まれるので、偽物が出回りやすいと考えられます。薄毛治療の薬は世界的にも人気が高く、売れることがわかっているので、悪いことを考えている人が偽物を作る可能性はかなり高いと思われます。

プロペシアの通販にも注意

お姉さんお姉さん

個人輸入という手段以外にも通販サイトで個人輸入代行というものがあります。

ただ、通販サイトでの購入も注意が必要です。

騙された人もたくさんいるようです。

検索すると色々なプロペシア通販サイトや海外発毛サプリの通販サイトが出てきますが、かなりの確率で粗悪な偽物を販売している詐欺業者なので、充分気をつけたほうがいいですよ。(自分は2度騙されました)

ヤフー知恵袋より

パッケージだけでは見分けがつきませえん。成分が安全基準をクリアしたものでない場合もあるようです。

現在ネット上で流通する医薬品の真意が問題視されています。市販薬のようにパッケージングされていても成分自体を調べてみると安全基準をクリアしていない製品や成分の配合量がかかれているものとは異なる場合があります。

取り扱う会社もそれが適正な製品かどうかを判断する知識や施設を持ち合わせておらずFDA(米国食品医薬局)の捜査で判明しました。医薬品ですので日本向けのサイトはそれほど多くありませんが海外では処方箋なしで医薬品を販売するサイトが数千あります。

(中略)

日本向けの輸入代行会社だけが信用性の高い薬を販売できているわけではありません。
プロペシアを販売する日本MSDなども偽薬が海外から流入していることを自社のページで紹介しています。

ヤフー知恵袋より

通販を利用し、輸入代行してもらっても偽物である可能性もたくさんあるということです。なので、偽物をつかまされ、身体に害を及ぼすかもしれない得体のしれない薬を飲む可能性があるということを考えると、通販だとしても、個人でプロペシアやプロペシアのジェネリック薬を個人輸入で手に入れることはたいへん危険だと言えます。

プロペシアのジェネリック薬も処方してもらえる

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

クリニックでジェネリック薬を処方してもらった方が、安心安全ですね。

AGA治療クリニックに行き、薬を処方してもらうことは、少しめんどくさいかもしれません。治療費や処方された薬の値段も気になると思います。値段が気になる人こそ、専門医に『ジェネリック薬を考えてます』と伝えて処方してもらうことをおすすめします。

個人輸入で、効果があるかも疑わしい薬を飲み、薬事法に違反する可能性の危険を冒す必要はありません。きちんとしたクリニックで診察し、処方してもらった方がかなり安全です。AGA治療クリニックに行って、プロペシアのジェネリック薬を処方してもらいましょう。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

お金をケチって変に個人輸入に手を出すと、騙されたり、健康被害にあうリスクがあるんですね。

確かに、個人輸入をすれば、安くプロペシアのジェネリック薬を手に入れることができるかもしれません。しかし、それは、『偽物』や『健康被害』などの多大なリスクを背負うことになります。『自分が飲んでいる薬は果たして本物なのか?』という疑い持ったまま薬を飲み続け、偽物で効果がなければ、時間もお金も無駄になってしまいます。

個人輸入の方法を調べたり、本物の薬かどうか確信を得られないものに時間を使うよりも、AGA治療クリニックに行き、たった一言『ジェネリックを考えています』と言うほうが、安心安全で、時間の無駄もありません。プロペシアのジェネリック薬の個人輸入は危険でリスクを背負うことが多いようなので、やめておいた方がいいようです。