お姉さんお姉さん

ハゲや薄毛の根本的な原因はジヒドロテストステロンというホルモンだと言われています。このジヒドロテストステロンを抑えるのに有効だとされているものがあるようです。それは大豆食品と紅茶の組み合わせと言われています。詳しくは以下をご覧ください。

AGAを引き起こす原因の1つがジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。今回はどうのようにすれば、AGAを引き起こす犯人でもあるジヒドロテストステロンを減らすことができるのかを紹介していきます。

ジヒドロテストステロンとハゲの関係性は?

お姉さんお姉さん

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの1つで、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってパワーアップした、ハゲや薄毛の悩みをもつものにっとて、天敵のひとつと言われています。

ジヒドロテストステロンは、俺たちの毛母細胞の細胞分裂を抑制するという働きがあるらしく、ヘアサイクルを狂わせる原因になるようです。ここまでしか聞かなければ、ジヒドロテストステロンは男性にとって最悪の存在とも言えるのですが、重要な役割もあるので悪者と決めつけることはできないのです。

ジヒドロテストステロンが俺達に何をしてるのかというと、母親の胎内にいるときに男性器の成長に必要なホルモンだったようです。

taiji

つまり、このジヒドロテストステロンというもハゲや薄毛にとっての天敵がいなければ、俺達は子孫を残すことができないのです。

しかし、母親の胎内にいて、何もできなときに必要だったジヒドロテストステロンは、俺達が成長するにつれて、とてもジャマな存在になってしまいます。

胎内にいたときは、男性器の成長に必要だったのに、大人なってからはハゲや薄毛・ニキビの原因になるだけでなく、精力減退を引き起こす原因にもなってしまうとのこと。

生まれる前は必要だったジヒドロテストステロンは、生まれてからはジャマばかりするようですね。

ジヒドロテストステロンは男性が生まれ持った借金みたいな存在かなと感じました。

ジヒドロテストステロンを減らしハゲを防止する方法

お姉さんお姉さん

ジヒドロテストステロンがAGA・ハゲや薄毛の原因になっていると言われているので、減らすほうがいいようです。

では、どうすればジヒドロテストステロンを減らすことができるのかというと、ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結合したホルモンなので、この結びつきを減らすという方法が一番のようです。

なぜ、結びつきを減らすという方法が一番いいのかというと、実はテストステロンの量は、個人差がないと言われており、テストステロンは骨格や筋肉の成長に必要な成分だと言われているからです。

そういった理由から、原因が5αリダクターゼにあると言われているのですが、この5αリダクターゼが活動的であればあるほど、ジヒドロテストステロンになってしまうので、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンにならないようにするのがいいようです。

もちろん薬で5αリダクターゼを抑制することもできるのですが、今回は普段の生活でできる抑制方法を紹介します。

ハゲの進行を防ぐ食べ物や栄養素

お姉さんお姉さん

ジヒドロテストステロンには亜鉛やビタミンBが効果的なようです。また、汗や尿で外に出すことも大切なようです。

よく、ワカメや昆布を食べれば髪の毛が生えてくるというがありますが、髪の毛が生えてくるということはないようです。しかし、ジヒドロテストステロンを抑制したり、5αリダクターゼを阻害する働きがある食べ物はたくさんあるようです。

つまり、ハゲの進行を防ぐ食べ物や栄養素がたくさんあるというわけですね。

ずばり、ハゲや薄毛の進行を防ぐ栄養素とは亜鉛だと言われています。

つまり、亜鉛を含む食べ物や亜鉛の吸収を助けてくれるビタミンBが豊富な食べ物がいいようです。

  • 生牡蠣
  • 牛肉
  • タラバガニ
  • しじみ
  • 魚の赤身
  • ピーナッツ
  • 納豆、豆腐、豆乳など大豆食品

とくに大豆食品は紅茶と組み合わせると、ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあると言われています。

食べ合わせで気をつける点

大豆食品はジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるようですが、さらに緑茶や紅茶といっしょに接収することでより大きな抑制効果があるとされています。

これは、論文でも発表されていました。

しかし、緑茶と大豆食品を合わせて摂取してしまうとジヒドロテストステロンだけでなく骨格や筋肉の成長、行動力の源とされているテストステロン自体も減らしてしまう傾向にあるようです。

obon_ocha

 

そこで一番よいとされている組み合わせは紅茶と大豆食品だそうです。

cafe_tea

 

水分をこまめにとる

ジヒドロテストステロンは尿や汗から排出されると言われています。

なので、水分を多くとることもハゲや薄毛の防止になると考えられています。

ただ、さきほどの紹介した緑茶は、テストステロンを減らしてしまうらしいので、緑茶の飲み過ぎは注意が必要なようです。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

ハゲや薄毛の進行抑制のためには薬に頼るだけじゃなくて、大豆食品や紅茶といった食べ物や適度な運動のちょっとした意識も大切なんですね。

ハゲや薄毛の進行を抑えると言われている食べ物や栄養素を紹介しました。亜鉛を多く含むものやビタミンBを意識して摂取することによって、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があるようです。

また、作られてしまったジヒドロテストステロンは、汗や尿で外に出すことも大切なようです。

なので、適度な運動と多めに水分をとっておくことも大切なようです。

また、栄養素の亜鉛がかなり重要なポイントだと言えるのは、喫煙や飲酒、ストレスは体内の亜鉛を不足させると言われているからのようです。

過度の喫煙や飲酒が頭皮に悪いと言われるのは、体に負担がかかるのはもちろん、亜鉛が不足するという理由かもしれません。

このように、ジヒドロテストステロンを作らない、作られているものは汗や尿で外に出す、亜鉛が不足するような生活を送らないということが一番のハゲ防止になると言えるのかもしれません。

まとめ

  • 亜鉛を含むたべもの(牛肉、生牡蠣、しじみ、タラバガニ)
  • ビタミンB(魚の赤身、牛肉、ピーナッツ)
  • 紅茶+大豆食品これらを意識して摂取する。
  • 運動や水を飲むことで、汗や尿でジヒドロテストステロンを外に出す
  • 過度な喫煙・飲酒は抑える