ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

豆腐や豆乳に含まれるイソフラボンが育毛効果があるというのはウソなのでしょうか?今回はイソフラボンの育毛効果はウソなのかホントなのか、さらにイソフラボンの育毛効果を発揮させるためにカプサイシンの役割について紹介していきます。

実はイソフラボンだけでは、育毛効果が十分に発揮できていないようです。イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取しなければいけないようです。

まずはイソフラボンの効果を見ていきましょう。

イソフラボンの育毛効果について

お姉さんお姉さん

イソフラボンは女性ホルモンの『エストロゲン』と非常によく似た構造をしているといわれています。つまり体内で女性ホルモンと同じような役割が期待されています。

  • 更年期障害の症状を改善する効果
  • 骨粗しょう症を予防する効果
  • 美肌効果
  • 生活習慣病の予防・改善効果

引用元:わかさ生活。

イソフラボンには美肌効果など美容や健康によい効果が期待されていますが、育毛効果と書かれているものはみかけません。では、なぜイソフラボンには髪の毛を増やす効果があるといわれているのか、『イソフラボンと育毛』の関係のついて紹介していきます。

イソフラボンの育毛効果ってウソ?

お姉さんお姉さん

イソフラボンは脱毛の原因であるDHTを抑制するといわれています。

抜け毛の原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)といわれるホルモンがあります。そのDHTを抑制する働きがあるといわれているのが大豆や豆乳に含まれる『イソフラボン』です。

イソフラボンの効果により5αリダクターゼという、DHTを作り出す要因になっているものを抑制することが期待されています。

なので、イソフラボンは髪の毛を育てる成分というよりも、髪の毛を育てることを邪魔する存在を減らす役割があるようです。

納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品は、5αリダクターゼを阻害する働きがあります。
特に納豆は亜鉛も多く含んでいるのでオススメです。

引用元:湘南美容外科クリニック

イソフラボンが含まれる豆腐や豆乳と同様に、ジヒドロテストステロンを減らす食べ物もたくさんあるようです。

IGF-1を増やすことが目的

お姉さんお姉さん

育毛を促すために必要不可欠なIGF-を作る為には、CGRPという物質が必要となります。

イソフラボンはDHTを抑制するだけでなく、CGRPを作り出す役割があるようです。DHTを抑制するだけでは、育毛効果というよりは、脱毛予防です。しかし、イソフラボンが作り出すCGRPが育毛に必要な髪の毛の成長因子IGF-1を増やすきっかけになるようです。

IGF-1は以下のような効果が期待されています。

  • 育毛効果
  • 美肌作用
  • 生活習慣病予防作用
  • 抗うつ作用
  • 認知機能改善作用

育毛効果だけでなく美肌や健康にもよいとされています。なのでIGF-1を増やしていけば、育毛効果も期待できるようです。

カプサイシンと同時摂取で効果的

お姉さんお姉さん

イソフラボンは、頭皮の血流も良くなり髪の毛に栄養が届きやすくなるCGRPという物質を作ることができます。このCGRPが毛乳頭内の細胞に作用されることで、髪の毛の成長に必要不可欠な成長因子である、IGF-1を増やすことができるのです。

イソフラボンはフラボノイドの一種で、大豆・クズ等のマメ科の植物に多く含まれています。
近年、このイソフラボンもカプサイシン同様に知覚神経末端に作用してカルシトニン遺伝子関連ペプチドCGRPの産生、放出を促進することが判っており、イソフラボンを含むサプリメントがAGA・男性型脱毛症に効果があるとの治療報告がありますが、まだ症例数が少なく、今後よりいっそう大規模・長期服用のエビデンスが望まれる所です。

引用元:銀座総合美容クリニック

確かにイソフラボンには、IGF-1を増やすためのCGRPを作り出す作用があるようですが、さらに効果を高めるためには、CGRPの放出を促す必要があります。そこで、イソフラボンとカプサイシンの同時摂取です。カプサイシンはCGRPの放出を促すことができるのです。

つまり、カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで、育毛に効果的な成長因子であるIGF-1を増やすことができるようです。

character_tougarashi

イソフラボンとカプサイシンの効果は本当なのか?

お姉さんお姉さん

実はイソフラボンとカプサイシンの育毛効果には賛否両論あります。

イソフラボンとカプサイシンの育毛効果についての論文に不正があったというニュースがあるからです。このニュースから、『本当はイソフラボンとカプサイシンは本当に育毛効果があるのか』と疑問視する人もいるようです。研究論文が認められてないのだから、疑問に思うのも無理はありません。

しかし、イソフラボンとカプサイシンの育毛理論で円形脱毛症は全身の脱毛症の治療が行われ、育毛効果も見られているようです。

これまでの治療では難治である重症の円形脱毛症や全身の脱毛症の治療においては、
6ヶ月後で、その94.6%に育毛効果を認め、その内の63.9%に著明な効果を認めております。

引用元:名古屋Kクリニック

まとめ

お姉さんお姉さん

イソフラボンとカプサイシン同時摂取することで効果がでるようです。

片方ばかり摂取していても効果が期待できないので、両方接収するようにしましょう。

イソフラボンとカプサイシンを摂取することは、普段の生活でもできることですので、効果を疑っている人でも気軽に試すことができそうですね。

豆腐や豆乳、納豆などでイソフラボンを摂取し、唐辛子やキムチなどでカプサイシンを摂取するようにしましょう。麻婆豆腐などを思いつくかもしれませんが、あまり脂っこい食事を多くすると頭皮には良い影響を与えないので、脂っこくない食べ物でイソフラボンとカプサイシンを摂取することをおすすめします。

両方摂取することで期待できる効果をまとめました。

イソフラボン+カプサイシンで期待できる効果

  • 頭皮の血行をよくする
  • 体内老廃物の排除
  • 知覚神経の刺激
  • IGF-1増加による育毛効果