ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

旅行で育毛剤を持っていきたいっていうとき、飛行機内へ持ち込みは可能なのでしょうか?また、持っていったとして途中で没収されたりしないのでしょうか?それらの疑問について解説をしていきます。

旅行や出張で長時間飛行機ないで過ごす場合、育毛剤を飛行機の中でも育毛剤を使いたいですよね。育毛剤はスプレータイプなら1日2回使用しなければならなかったり、錠剤なら決まった時間に薬を飲まなければいけなかったりします。

育毛剤は飛行機に持ち込みができるか?

クリニックのお姉さんクリニックのお姉さん

はい!大丈夫です!

ただし、育毛剤は育毛剤は液体物にあたるので、飛行機に持ち込む場合は、『無色透明のプラスチックバックの中に入れる』必要があるようです。透明のプラスチックバックに入れておくと、手荷物扱いになるので、持ち込めるということです。

airplane

手荷物扱いになるのは100ml以下?

クリニックのお姉さんクリニックのお姉さん

注意しなければいけないのが、容量です。液たは合計で100ml以下であるならば、手荷物扱いとされます。

なので、育毛剤の容器が100mlを超えるものは飛行機に持ち運ぶことはできません。ただし、国内線ならば500mlまで大丈夫であるところもあるようです。

飛行機内に持ち込みをしなければ、育毛剤も100ml以上のものをスーツケース・キャリーバックなどに入れておけば大丈夫であるようですが、外国へ行く国際線で育毛剤を機内に持ち込みをする場合は、100ml以下の容器で、100ml以下の容器が入るジッパー付きの袋(ジップロックのような透明で中身が見える袋)で総量が1リットルを超えないものに関しては持ち込めるようです。

透明なジッパー付きの袋を持っていない場合は、空港で買うことができるようなので空港で入手してください。例えば成田空港ならばこのような場所で販売されています。

⇒ ジッパー付き透明プラスチック袋販売店

育毛剤は機内で没収される可能性はある?

クリニックのお姉さんクリニックのお姉さん

空港で没収されてしまうと、主に廃棄処分されます。

育毛剤が没収される可能性があるとすれば、100ml以上の容器に入ってしまっているもの・ジッパー付きの総量1リットル以下に入らないものです。

国際線の手荷物検査はボディチェックも含め、近年、厳格化しています。100ミリリットル以上の液体物はもちろん、小さな爪切りや毛抜き、裁縫セットの鋏(はさみ)なども、セキュリティ上、持ち込みが禁止されています。検査場では、これら機内持ち込み禁止物を自主廃棄するよう促しています。没収でなく廃棄なので、帰国後、空港や航空会社に問い合わせても回収することはできません。

ペットボトルやライターのたぐいは、たとえ自主廃棄しても現地で購入すればよいでしょうが、高価で大切な品など廃棄したくないものもあるでしょう。そうした物品は、空港内の郵便局もしくは宅配業者を通して、自宅ないしは職場宛てに実費負担で送るようにします。出国検査場の先には郵便局も宅配カウンターもありません。ですから空港職員に断って、手荷物検査場を戻ることになります。時間に余裕がある場合でなければ、手続きできません。乗り遅れることになりかねないので注意しましょう。

ちなみに海外の空港では、このようなことが簡単にはできません。国際便の手配となるからです。あくまでも日本出国時のケースと心得ておきましょう。

損保ジャパン日本興亜公式ページ

また『没収』というのは、『破棄』や『自宅へ宅配』するになるので、お金と時間がかかるので気をつけなければいけません。

育毛サプリメントやプロペシアなどの錠剤を機内に持ち込むことはできる?

クリニックのお姉さんクリニックのお姉さん

基本的に錠剤は危険物ではないので持ち込むことができます。

容量は1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものを2kgまたは2リットルまで持ち込めるようです。プロペシアなどの錠剤の育毛剤も持ち込むことができます。しかし、市販薬の風邪薬などは制限なくもちこめるところが多いですが、プロペシアなどAGA治療に使用される薬は『医師が処方した薬』ですので、もしかしたら医薬品の証明がいる場合があるかもしれません、

医師の処方が必要な薬を機内に持ち込むためには3つの条件があります。

  • 製造元が書かれている
  • 調剤師の名前がかかれている 
  • 薬品識別ラベルがある

つまり医師の診断書が必要になってくるです。機内で服用する予定の医薬品は証明できるものを手荷物検査で提示する必要な場合もあるようです。心配な人は診断書を用意しておいた方が安心です。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

国際線での長時間移動ならルールを守り、持ち運ぶこともできますが、日本国内では手間やリスクを考えると、預けてしまう方がストレスが少ないかもしれません。

国際線でスプレー型の育毛剤を機内へ持ち込むためには100ml以下のもので、しかも容量1リットル以下のジッパー付きのプラスチック製の袋に入るようなものであることが条件です。

いくら容量が100mlでも容量1リットル以下のプラスチック製袋に入らなければ持ち込めないので、注意が必要です。また錠剤は手続きなく持ち込める場合もあるようですが、どんなことが起こるかわからないので処方された薬は証明できる診断書なども持っていくほうが安心で確実です。