お姉さんお姉さん

キューティクルってよく聞くけど一体なんなの?キューティクルがないとどうなるの?ということを見ていきましょう!

キューティクルが髪にとって大切であると言われています。

今回は、髪のキューティクルがないとハゲやすいのか?

髪の毛の状態を修復するにはどんな方法がいいのか?

などを紹介していきます。

そもそもキューティクルってなに?

お姉さんお姉さん

キューティクルとは、髪の毛を保護してくれるものです。キューティクルがないと髪の毛に十分な栄養を保つことができなくなってしまうのです。

キューティクルという言葉は何を示しているのかというと、髪の表皮にある組織のことです。

その組織は魚のウロコのような形をしていて、魚の体が素早くパタパタと動かせるように、髪の毛が柔らかく曲がるようになっているのです。

キューティクルというのは、指紋と同じで、実は一人ひとりそれぞれ違います。

なので、刑事ドラマやなどで『髪の毛が現場に落ちていた』というのは、指紋が残っていると同じように証拠にもなるんですね。

キューティクルは、髪の毛を保護するのにとても重要な役割があります。

いわば、髪の毛の鎧みたいなイメージですね。

髪のキューティクルというのは髪の水分を保持する役目があるのです。

このキューティクルが壊れると、髪の水分がどんどん出ていきパサパサした髪・切れ毛・裂け毛・枝毛の原因になっていくのです。

なので、キューティクルがなくなってくると、髪の毛のツヤがなくなってくるということです。

キューティクルがないとハゲやすのか?

お姉さんお姉さん

はい、キューティクルがないのはハゲの原因になります。

はっきり言えば、ハゲやすいです!

なぜ、キューティクルがないとハゲやすいのかというと、髪の毛の栄養分や水分が髪から流れ出てしまうのです。

そして、髪が弱った状態になり、髪が裂けやすくなります。

これがパサつき、枝毛の原因でもあり、髪の質を下げるメカニズムなのです。

また、色素自体も抜けていきやすいので、髪の毛が少し茶色がかったようにも見えます。

つまり、髪にツヤがなくなるということです。

なので、キューティクルがないというのは、薄毛の原因にもなっているのです。

キューティクルを修復する方法はないの?

お姉さんお姉さん

一度失ったキューティクルは取り戻すことができません。しかし、その後のケアをすることによって、ダメージを減らすことはできます。

キューティクルがどれほど大切なものか少し振り返っていきましょう!

ここまでのおさらい

  • キューティクルとは、髪の毛を守っていくれる鎧みたいなもの
  • キューティクルがないと髪の毛が痛み、薄毛の原因になる

では、キューティクルは一度失うと取り戻せないの?

と心配になるかもしれません。

一度剥がれ落ちたキューティクルは、再生するわけではありませんが、髪の毛を守ることはできます。

傷んだ髪の毛を100%の状態に持っていくことは無理なのです。

ですが、トリートメントでキューティクルの修復をすることによって、髪の痛みを防いだりすることはできるのです。

キューティクルの手順を簡単に説明するとこうなります

  • 髪の毛に必要な栄養分を補給する
  • 髪の中にしっかりと栄養を閉じ込める

キューティクルの修復方法

お姉さんお姉さん

髪にはCMCという水分保持に必要な成分があります、CMCのケアをしないと髪のケアはなりたちません。CMC配合のシャンプーやリンスをすることが一番の修復方法です。

キューティクル自体を復活させることはできませんが、修復してツヤがあるようにみせることができます。

そこで重要なカギを握るのがCMCという成分です。

CMCとは髪の毛の強度や弾力を保つ役割をはたしているものです。

キューティクルが痛むというのは、このCMCが抜けている状態ですのでそれを補給するの一番なのです。

シャンプーやリンスでCMC配合などがあれば、それを使うのがキューティクルの補修には役に立ちます。

きっちりとシャンプーやトリートメントをして修復することしかできないのです。

ですが、発想を変えてみることも大切です。

新しく生えてくる髪の毛をケアする

お姉さんお姉さん

修復をしながら、新しい髪の毛をケアする。このサイクルがうまくまわれば、ハゲになりにくいですし、綺麗な髪の毛にすることもできます。

もうキューティクルがなくなった髪の毛はつやがなくなってくるのですが、

これから生えてくる髪の毛にはまだキューティクルはあるわけです。

そのキューティクルを失わないようにするのが一番のケアともいえます。

そもそもキューティクルがはがれる原因は、髪がぬれた状態で、ゴシゴシタオルで拭くことです。

そして、キューティクルは熱にも弱いため、熱すぎるドライヤーもダメージを受けます。

つまり、髪を濡らしたあとに適切なケアができていないことが一番の原因なんです。

髪の毛の適切なケア方法

  • ゴシゴシ頭を拭くのではなく、タオルはこすらずポンポンっと水分をタオルに移す
  • 熱すぎるドライヤーやドライヤーの当てすぎに注意する。(左右にふって熱を集中させない)

この2点は押さえておく必要があります。

まとめ

  • キューティクルがないと髪の毛に栄養がいかなくなる
  • キューティクルがないのは薄毛やハゲの原因にもなりうる
  • 一度はがれたキューティクルは再生しない
  • キューティクルの修正として、CMC配合のシャンプーやトリートメントでケアをする
  • これから生えてくる髪の毛のキューティクルをケアをする

キューティクルを意識したケアで、修復しながら、新しい髪の毛のケアをすることが一番です。

よく髪のケアを染めたりするとハゲの原因となるといいますが、キューティクルが原因です。

髪の毛を染めるまでに薬をぬったりすると思うのですが、それらがキューティクルを溶かしてしまうのです。

逆を言えば、髪の毛が綺麗でツヤのある人はハゲにくいということですね。

適切なケアをすれば、サラサラした髪も夢ではないですね。