お姉さんお姉さん

若くても抜け毛が増えることがあります。抜け毛の原因はある程度決まっていますので原因と対処方法を見ていきましょう

・朝起きたら枕元にはたくさんの抜け毛が!
・お風呂場の排水口を見るとたくさんの抜け毛が溜まっていた
・最近頭部が寂しくなってきた気がする・・・

そんな悩みを抱えている方に是非読んでいただきたい記事になります。

今回は、抜け毛が激しいあなたへ、抜け毛が増えた原因や対処法をご紹介します!

抜け毛が増える原因とは?

お姉さんお姉さん

抜け毛は当たり前の現象です。しかし、抜け毛が増えたというのは話が変わってくるのです。きちんと成長しないままの髪の毛が増えていることが原因になっています。

一般男性の髪の毛の平均の数はおよそ10万本と言われています。

その10万本のうち、正常な人でも1日には50本〜100本の髪の毛が抜け落ちると言われています。

髪の毛は抜けて当たり前なので、人の体質によっては、それ以上抜けることもありますし、少ない人もいます。

抜けることは当たり前なので、そこまで恐怖を感じなくてもいいのですが、問題は『抜け毛が増えたかどうか』です。

体質によって、人によって髪の毛の抜けやすさは変わってくるので数字では表せませんが、感覚的に『抜け毛が増えた』というのはわかると思います。

抜け毛が増えることには原因があったのです。

それは生え変わりの時期の早さにあります!

抜け毛が増えているということは、つまり、髪の毛の成長がうまくいっておらず、しっかりと成長する前に抜け落ちるということです。

ちゃんと髪の毛が育ってない!

お姉さんお姉さん

太く濃い髪の毛が育たないポイントは髪の成長期の短さにあります。成長期が短いと、ヨワヨワしいほっそりとした髪の毛のまま、どんどん髪の毛が抜け落ちて行くのです。

髪の毛は休止期、成長期、退行期という3つを繰り返し、髪の毛は育ち、抜けていくのですが、ちゃんと髪の毛が育たないとヨワヨワしい髪の毛になるだけでなく、早く抜け落ちてしまうのです。

ここで重要なのは2〜6年かけてグングン成長する成長期なんです。

成長期にきちんと成長せずに早い段階で、休止期という生え変わりの準備期間に入ってしまうのです。

成長期にきちんと育たない髪の毛が増えるということが、抜け毛の一番の原因なんです!

抜け毛の対処法は?

お姉さんお姉さん

きちんとした生活習慣や睡眠時間の確保は髪の毛にいいです。ですが、それらを改善しても抜け毛が増えていく症状が出ることがあります。それがAGA(男性型脱毛症)の場合です。AGAだった場合対処方法は違ってくるのです。

髪の毛が抜けるメカニズムがわかれば、理屈は簡単です。

髪の毛をきちんと成長期に成長させてあげることです。

成長期に髪の毛がグングン育って、太く濃い毛にならないのは、髪の毛に栄養が足りないということ。

髪の毛の成長は俺たちが寝ている間に行われています。

きちんと栄養がいっていなければ、その成長もできませんし、成長する時間もなければ、髪の毛は育ちません。

なので、対処法は、不摂生をせず、きちんと睡眠をとるということなのです。

しかし、

実はそれは気休めに終わってしまうかもしれません。

本当に怖いのはあなたが、AGA(男性型脱毛症)になっている場合です。

抜け毛とAGAの関係は?

お姉さんお姉さん

AGAは疾患です。病気が原因で髪の毛が抜け落ちていってしまっているのであれば、早めの対処をしないといけません。

髪の毛が抜けるとうのは、ただ単に髪の毛の『体調が悪い』ということではないんです。

『病気』の状態に入ってしまっている可能性があるんです。

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルを早め、髪の毛が太く健康的な硬い髪の毛になる前に、薄毛と呼ばれる段階から抜け落ちてしまうということなのです。

抜ける毛の本数がだんだん増えていき、強く太い髪の毛の量も減っていきます。

抜け毛が多いということは、ヘアサイクルが早まっている可能性がかなりあるので、AGA(男性型脱毛症)である可能性は実はかなり高いと思います。

AGAを早期発見できれば…

お姉さんお姉さん

AGAの早期発見は実は幸運なことです。AGAであると早期に発見できれば治療もしやすいので、早く気がつくということが大切です。

抜け毛が急激に増えてショックを受けているかもしれませんが、それをチャンスと捉えていきましょう。

先ほども少し触れましたが、『病気』である可能性があるのです。

AGA(男性型脱毛症)というのは、髪の毛に関係する『病気』なので必ず医者の診断が必要です。

AGAの悪い特徴としては、『進行型』であることです。

AGAになっているのに、気がつかないままおいておくと、だんだん進行していき髪の毛が育たなくなってしまいます。

なので、『抜け毛が増えた』と思えるということは、『AGAかも知れない』と思えるのと同じです。

『AGAかもしれない』と気がつけないままほっておくとハゲになってしまいます。

俺が体験して思ったこと

『病気』かもしれないなら医者に診てもらうのが一番悩まなくてすみます!

『もしもAGAだったら・・・』なんて思っていたら逆にストレスが溜まっていき、さらにうす毛の原因にもなりかねません。

逆にAGAじゃないと判断できたならば、体調管理をするだけで改善につながるとわかるのですから気はグッと楽になるだろうな、医者に行って相談するということが結局は一番の対処方法なのかなとだんだん思うようになりました。

実は、俺は髪の毛がうすくなるまで『気がつけなかった人』です。

最近、髪の毛抜けるな〜なんでだろ?まあ、ストレスかな・・・

あまり気にしませんでした。

抜け毛というのは当たり前の現象ですので、自分で『抜け毛が増えた』という感覚が大切です。

抜け毛が増えるとショックですが、それはAGA(男性型脱毛症)という病気のサインかもしれません。進行型の病気であるAGAは気が付かないままでいるととても怖いのです。

『早く病気の可能性に気がつけた』と前向きにとらえることが大切なんだと実感しました。