お姉さんお姉さん

父親や祖父がハゲていれば、自分もハゲるという遺伝は正しいのでしょうか?父親や祖父がハゲていたら自分がハゲる確率はどれくらい高くなるのかを見ていきましょう!

よく父親や祖父がハゲていたら自分も将来ハゲるということを聞きます。将来ハゲるのはイヤですよね。今回は、『将来ハゲるんじゃないか?』と不安に思う人に、父や祖父がハゲていたら自分が遺伝でハゲる確率を紹介していきます。

遺伝とハゲの関係性

お姉さんお姉さん

非常に残念なお知らせですが、薄毛は遺伝します。

遺伝の力かなり強いです。ドイツの大学では40歳以前にハゲてしまった患者について、その人達を対象とした実験が行われました。40歳以前にハゲてしまった人たちの家系や血液を分析したのです。

その結果、40歳前にハゲてしまった人たちはには、X染色体に変異が見つかったそうです。実は、X染色体とは、母親からしか受け継ぐことができない遺伝子です。

母方の祖父がハゲているとハゲる確率は高い?

お姉さんお姉さん

遺伝のメカニズムでは、祖父がハゲている人とハゲていない人とで差が出てしまうのは仕方がないようです。

科学的根拠が出てきてしまった以上、答えるしかありません。母方の祖父がハゲている場合、あなたがハゲる確率はかなり高いと言えます。X染色体という明確な根拠と、調査の結果から母方の祖父が薄毛、もしくはハゲているとかなりの確率でハゲるということです。

 

oldman_75

ハゲるのは確率の問題?

お姉さんお姉さん

安心してください!必ずハゲるわけではない根拠もあるのです!

はい!実はそうなんです。『あ〜もう、自分はハゲるんだ・・・』とがっかりするかもしれませんが、『確率が高い』というだけです。『必ずハゲる』とは限りません。こちらの論文がその根拠です

参考論文  双子の男性型脱毛症患者11 組の治療経験の報告

Eleven pairs of Japanese male twins suggest the role epigenetic differences in androgenetic alopecia

この論文の内容を説明すると、まずAGAについて書かれています。AGAは前頭部・頭頂部を中心に進行する脱毛症であることも説明しています。このAGAなどは遺伝的な要素がかなりあるということが言われています。

しかし、この論文では、

  • 『遺伝子以外の状況によっては変わるの?』
  • 『食事・喫煙・飲酒など生活習慣の違いが影響するのではないか?』

というものを検証しています。

そこで、遺伝的要素が同じ条件である双子を実験に使うのです。双子は親から引き継ぐ遺伝は同じはずですが、生活がまるごといっしょとは限りません。なので、双子を実験に使ったのです。

遺伝よりも環境の要因が大きい?

お姉さんお姉さん

遺伝よりも環境が大きいことがわかりました!

さきほどの論文で紹介されていたのですが、双子の被験者は11組いるのですが、その約半分は実験開始段階で髪の毛に差が出てきているようです。つまり、兄弟の間でも髪の毛の量に差がでることがわかりました。飲酒・喫煙などの関係まではわからなかったようですが、治療についても同じ治療をしているのに兄弟の間で差が出ることがわかったそうです。

つまり、ハゲの要素は、遺伝よりも生活環境の影響が一番大きい可能性があるそうです。

父親の遺伝は?

お姉さんお姉さん

ここまでのお話から父親がハゲているかどうかは、あまり関係ないということもわかりましたね!

母方の父、つまり母方の祖父からの遺伝の影響があるのはわかったのですが、『父』に関する遺伝はどうでしょうか?実は父親の遺伝はほぼ関係ないと言われています。父親がハゲているからハゲるというのは、間違って広まってしまったようですね。

 

sensu_salaryman (1)

ハゲる確率とは?

お姉さんお姉さん

遺伝は必ず受けるのですが、必ずハゲるというわけではありません。ですが、かなりハゲやすいのです。

母方の祖父の遺伝を受け継ぐとハゲる確率が高いというのはわかりました。その遺伝のスイッチが入ればはげてしまいます。入らなければ大丈夫です。その発現率は約65%と言われています。

ですが、何回も紹介したように、父親や祖父がハゲているからといって、必ずハゲることがないのです。確率は大幅にあがってしまいますが、100%ではないので、しっかりと髪の毛のケアをしましょう!

これまでのふりかえり

  • ハゲと遺伝はかなり関係がある
  • 父親の遺伝よりも母方の祖父の遺伝が大きい
  • 母方の祖父がハゲていても自分がハゲるとは限らないが、確率はかなり高い
  • 父親がハゲているかどうかは関係がない
  • 双子で遺伝的な要因を調べた実験があり、生活環境でハゲの差が出ている可能性がある
  • 祖父がハゲていれば、約65%の確率でハゲる

ここまでで紹介してきたように、遺伝はかなりハゲと関係しているが、遺伝よりも環境の影響が大きいとされています。実は、遺伝でハゲるのと、環境でハゲるというのは、違うみたいです。遺伝が原因かどうかは専門医に判断してもらうのが一番いいですね。

どうやら、ストレスや生活習慣からくるAGA(男性型脱毛症)と遺伝が要因のAGAでは、治療法が異なるようです。なので、自分がどちらかもわからないのに、勝手に育毛剤や薄毛対策をするとかえって悪化することも考えらるのです。

ですから、もし遺伝で自分がハゲてしまっている、ハゲかかってしまっていると思うのであれば、遺伝子検査付きの育毛剤【ペルソナ】を使うと良いです。こちらの商品は遺伝子検査にもとづいてあなたに最適な育毛剤を提供してくれます。

育毛剤ペルソナの詳細を公式ページで確認してみる