お姉さんお姉さん

髪の毛を染めることによってハゲになってしまうのかを見ていきましょう!

髪の毛を染めることはハゲにつながるのでしょうか。

今回は、髪の毛の色を染める手段としてヘアカラーやブリーチについて紹介していきます。

ヘアカラーやブリーチとハゲの関係はあるのでしょうか?

髪を染めることははたしてNGなのかを見ていきます。

 

shiraga_zome

ヘアカラーの仕組み

お姉さんお姉さん

ヘアカラーとは、黒い髪の上からカラー剤をつけることです。

ヘアカラーとは、文字通り、髪の毛の色を変えることですが、今回はハゲとの関係を検証するうえで、仕組みを知る必要があります。

おしゃれで髪の毛を染めることははたしてNGなのかどうか気になるところですよね。

ヘアカラーは黒髪の上に色をのせていきます。

黒髪に赤やピンクをのせることで茶色っぽくなったりもします。

また、カラー剤でアッシュカラーにしたりすることができます。

つまり、ヘアカラーとは、黒髪ベースで髪の毛の色を変えるということなのです。

なので、全体的にヘアカラーをすると暗めの色になっていくのです。

ヘアカラーってはげるの?

お姉さんお姉さん

カラー剤が頭皮につくとハゲる危険が高いです。

よく髪の毛を染めるとハゲるといわれていますが、ヘアカラーは頭皮や髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

多くの人がヘアカラーをしているのは事実です。

年齢を重ねれば白髪染めをする人も多いはずです。

もし、『ヘアカラー=はげる』

ということになっていれば、日本はハゲだらけの国になってしまいますね。

ヘアカラーは基本的にはハゲません。

では、なぜヘアカラーはハゲるというようなことが言われているのか。

その一番の原因は『カラー剤』が髪の毛だけでなく、頭皮についてしまうことが一番の原因なのです。

頭皮にカラー剤がつくことによってどのような状態になるのかというと、毛穴がふさがります!

毛穴がふさがってしまうと髪の毛は呼吸できませんし十分な栄養がいきわたりません。

どんどん髪の毛は抜けて行ってしまいます。

そして、毛穴がつまってしまって最悪なのは、『新しい髪の毛が生えてこない』ということなのです。

髪を染めたらハゲるという原因のほとんどは、頭皮にカラー剤がついてしまって髪の毛が生えてこなくなることが原因だったのです。

なので、ヘアカラーをよくする人はもちろん髪の毛の負担もかかってしまうこともあるので注意が必要なのですが、それ以上に注意をしなければいけないのが自分でヘアカラーをする人ですね。

頭皮にカラー剤がつかなければ髪の毛は生えてくるので、まだ回数を重ねるのはいいのですが、やはり、自分で染めるという人は失敗しやすいです。

うっかり頭皮につくとハゲるということです。

なので、ヘアカラーは必ずプロにやってもらいましょう。

ブリーチの仕組み

ブリーチはヘアカラーとはちがい、『髪の毛の色を抜く』ということです。

黒い髪の毛の色を抜くと実は茶色や金、そして白色になります。

色が抜けていくとこのように変化していきます。

ボクたちの髪の毛は実は色を抜くと黄色系の色になり最後は白になっていくのです。

絵描くのと同じなのですが、やはり『白いキャンバス』のほうが色はきれいに見えますよね。

黒い用紙に絵を描くよりも、白い用紙のほうが描きやすいですよね。

なので、ブリーチはきれいに染まるのです。

ブリーチをした後にカラー剤で髪を染めるのが一番きれいに髪は染まります!

しかし、ブリーチは髪の毛の栄養をごっそり抜いていきます。

髪の毛の色と栄養をごっそり抜いていくので、とても髪が痛みます。

髪を染めるのはNGなのか?

お姉さんお姉さん

染めることはNGではありません。そめるまでのプロセスが大切なのです。

染める人と染めない人、どちらがハゲやすいかといえば、先ほども紹介したように染めるほうが、リスクは高いです。

髪の毛を染めることで髪の毛そのものにダメージがいきますので、かなり弱っています。

ボクたちの頭には細菌がいますので、油断して細菌が増えることがあれば、弱った髪の毛や頭皮が炎症を引き起こし、抜け毛に至ることもあります。

また、この記事でも紹介したように、ブリーチの薬剤やカラー剤が頭皮につくことによってハゲる確率は格段に上がります。

なので、髪を染める場合は『プロに頼む』こと、そしてヘアケアをしっかりと行うということをすればハゲるリスクを回避できますので染めるまでの過程が大切ですね。

ヘアケアってどうするの?

お姉さんお姉さん

大切なのはヘアケアです。自分でわからない場合は専門医に相談するのが一番です。

ヘアカラー後はキューティクルがはがれやすいので、しっかりケアをしなければいけません。

ヘアケアの方法はいろいろあります。

  • 洗浄力の高いシャンプーは避け
  • 保湿をするために、トリートメントをしっかりとする。
  • ヘアオイルを塗る

この3つのポイントをおさえて、自分の髪にあった保湿方法を行うといいですね。

自分にあった保湿方法は『染めてくれた美容師』に相談するといいです。

今、髪の毛の状態がどうなっているのかを知らないまま染めるということは考えにくいので、染めてくれた人に自分の髪にあった方法などを相談してみるといいですね。(信頼できる美容師さんとの出会いは大切です。)

ですが、一番いいのは自分の頭皮の状態まで知ることなので、専門医へ行って染めていい髪の毛の状態なのか、染めたあとはどのようにケアするのが一番あっているのかを調べたもらうのがいいです。

doctor_monshin

なので、染めるのがNGかどうかというのも実は専門医に聞けば、一発でわかってしまうのです。

今回の記事のまとめ

  • 髪を染めるとハゲになるわけではないがリスクは高い
  • カラー剤やブリーチの薬が頭皮につくとハゲる
  • 髪を染めたあと、ヘアケアを怠るとハゲる確率は高くなる
  • 髪の毛を染めていいのかどうかや、自分にあったヘアケア方法は、専門医へいくとすぐに解決できる