お姉さんお姉さん

髪の毛を引っ張る行為や髪の毛を抜く癖は注意が必要です。今回はそれらの行動がどのように影響するのかを見ていきましょう。

髪の毛をセットするとき、髪の毛を洗うとき、様々な時に『髪の毛を引っ張る』という行為をします。

強く引っ張りすぎたり、引っ張る癖がある人は頭皮にどのような影響があるのでしょうか?

髪の毛をセットしていたり、髪の毛を洗っている時に、『あ、この毛だけなんかジャマだな』と思って、髪の毛を抜いてしまってはいないでしょうか?

今回は、髪の毛を強く引っ張る人や髪の毛を抜く癖は、あなたの頭皮にどのように影響するのかを紹介していきます。

湯シャン

 

髪の毛を引っ張るとどうなるの?

お姉さんお姉さん

間違った都市伝説では、髪の毛を引っ張ると髪の毛が伸びるなんて言われていましたが、全くそんなことはありません。

髪の毛を引っ張るという行為はどのような状況になっているのかというと、毛根や頭皮に刺激を与えているという状態です。刺激といっても、マッサージなどによる適度な刺激ではなく、傷がつくほどの刺激です。

髪の毛を引っ張るという行為は、毛根を傷つけるのと同じことなのです。

毛根を傷つけてしまうと、どうなるのかを見ていきましょう!

毛根が傷つくとハゲる?

お姉さんお姉さん

毛根は髪の毛にとって大切な場所です、傷つけるとハゲになります。

毛根を痛めてしまうと髪の内部にあるタンパク質や結合を壊すことになります。

つまり、抜け毛の原因になるということです。

毛根は抜け毛やハゲの原因に直結する部分なので、傷つくとハゲになります。

毛根は重要な役割を持っている

お姉さんお姉さん

毛根にはそれぞれヘアサイクルがあります。

人の髪の毛は毛根から生み出されます。

毛根はそれぞれでヘアサイクルというものを持っています。

ハゲや薄毛ではない、強くて濃い髪の毛はヘアサイクルが2〜6年の成長期をきっちり過ごしているからです。

成長期のあとは休止期に入って、自然と髪の毛が生え変わるのです。

なので、抜け毛というものは、1日に50本〜100本あるのは自然のことなのです。

このように、毛根には一つ一つのヘアサイクルというものが存在しています。

髪の毛を引っ張ったり、髪の毛を抜いて毛根が傷つくとこのヘアサイクルを無理やり止めることになるだけでなく、頭皮の毛細血管を傷つけてしまって、次の髪の毛に十分な栄養が行き渡らない可能性があるのです。

つまり、髪の毛が生えて来なくなる可能性もあるということです。

生えてきてもちゃんと栄養が行き届かなくなって、薄毛になることも十分にあります。

なぜ髪の毛を抜く癖が出るのか

お姉さんお姉さん

大きなストレスを抱えると髪の毛を抜くという行動にでることもあります。それは抜毛症という病気の可能性があります。

無意識のうちに髪の毛を抜く癖を持っている人がいます。

あまり過剰に抜いてしまうとよくないとわかっていながらも、頭皮が見えるまで髪の毛を抜くがでるようです。

そうった過剰に髪の毛を抜いてしまうことは癖ではなく『病気』かもしれません。

過剰に髪の毛を抜いてしまう病気のことは『抜毛症』といいます。

自分で自分の髪の毛を引っ張り、抜いてしまうのですが、これは頭皮の髪の毛だけではなく、眉毛やまつ毛なども抜いてしまうこともあります。

抜毛症になってしまうのは、こどもが多いと言われていますが、大人でもなってしまうことがあります。

その原因は大きなストレスです。

心の負担になるようなショック、壁にぶちあたったときの気持ちが原因となることもあります。

髪の毛を抜くという行為は、心に負担がかかっているのかもしれません。

髪の毛を抜く行為がエスカレートしていくと、どんどん頭皮を傷つけることになります。

頭皮が傷つくと毛根が痛むだけでなく、菌が侵入してかゆみや炎症を引き起こします。

抜毛症は『髪の毛を抜く』という行為なので、基本的にはまた新しい毛が生えてくるのですが、抜きすぎるとハゲになってしまう可能性が高いということです。

抜毛症はココロの病なので、原因となっているストレスを取り除くことが最優先ですね。

カウンセリングなどを受けるだけでも気が楽になると思います。

sick_noiroze_man

髪の毛の病気になるかもしれません

お姉さんお姉さん

髪の毛を抜いてしまっているのか、髪の毛抜け落ちているのかには大きな差があります。病気で抜け落ちている可能性は十分にあるのです。

髪の毛が抜け、ハゲや薄毛になってしまうのはストレスも原因となっています。

これは自律神経が乱れてしまうため、血行不良を起してしまうと考えられています。

つまり、血行が悪くなると髪の毛へ栄養が行かないのです。

ストレスを抱えている状態で抜け毛の問題になってくるのが、3つのパターンです。

  • 髪の毛を自分で抜きすぎてしまう場合
  • ストレスによる薄毛やハゲ
  • AGA(男性型脱毛症)

ストレスによって、自分で髪の毛を抜いてしまうっているから髪の毛の量が少なくなっているのか、ストレスで髪の毛が薄くなっているのかがわからなくなってしまうことが一番問題です。

髪の毛をただ抜いてしまうのであれば、まだ髪の毛は生えてきます。

しかし、ストレスによって、血行が悪くなっていたりすると、治療も必要になってきます。

この2つには『ストレス』という大きな共通点があるだけに、症状がわかりにくくなってしまっているのです。

また、AGA(男性型脱毛症)という病気の可能性は捨ててはいけません。

ハゲてきた、髪の毛が薄くなってきたという原因で一番怖いのがAGA(男性型脱毛症)です。

なぜかというと、AGAは進行性です。

発見が遅れれば遅れるほど、進行していき、ハゲや薄毛が深刻になってきます。

また、治療のしやすさにも関わってくるので、早期発見が重要なポイントになってくるのです。

今回は、髪の毛を引っ張ることからハゲの原因や髪の毛を抜いてしまう癖についての注意を紹介してきました。

様々なところからハゲや薄毛になる理由は存在するので、注意が必要です。

自分はどれなのかもわからないまま、髪の毛のことで悩んでしまうとさらにストレスになります。

髪の毛を抜く癖がある人は、ハゲや薄毛が気になってストレスになってしまう前に、専門医へ行くと髪の毛の状態がわかるので安心することができるのでおすすめです。

最後に今回の記事をまとめ

  • 髪の毛を引っ張ると毛根が傷つき、ハゲの原因になる
  • 髪の毛を抜くことはハゲの原因になる
  • 髪の毛を抜く癖は抜毛症という病気かもしれない
  • ストレスで血行不良になりハゲる可能性がある
  • AGA(男性型脱毛症)の可能性も考える必要がある