お姉さんお姉さん

濡れた髪の毛の拭き方1つで髪の毛の状態はちがってくるのです。

髪の毛を痛めるといえば、紫外線、シャンプーやトリートメントなどを想像する人は多いです。

しかし、お風呂あがりでの髪の毛の拭き方で、あなたは髪の毛を痛めてハゲる可能性を高くしているかもしれません。

今回は、髪の毛をタオルで拭くときの注意ポイントを紹介していきます。

ゴシゴシ拭いてしまっていたらハゲるって本当?優しく拭くほうが良いの?などの疑問を解決していきましょう。

髪の毛が濡れた状態はハゲやすい?

お姉さんお姉さん

髪の毛の鎧がはがれた状態になっていることは危険なのです。

拭き方やゴシゴシ拭くとハゲるって本当?という検証に入る前に、髪の毛の濡れた状態を確認していきましょう。

髪の毛が濡れた状態というのは、非常にデリケートであることは間違いありません。

なぜかというと、髪の毛は水分を含むと髪の表面を覆っているキューティクルが乱れている状態だからです。

キューティクルは実はハゲや薄毛とは切っても切れない関係なのです。

髪の毛が水に濡れてキューティクルが開いている状態というのは、つまりキューティクルがはがれやすいということです。

キューティクルがはがれ落ちるとどうなるかというと、髪の毛の栄養分や水分が髪の毛から流れ出てしまう状態になってしまいます。

なので、キューティクルがはがれ落ちると、パサつき、枝毛の原因になって、髪の毛の質が落ちます。

このように、髪の毛を痛めてしまうとハゲの原因にもなります。

furoagari_man (1)

髪の毛をタオルでゴシゴシ拭くとハゲるって本当?

お姉さんお姉さん

はい、本当です。タオルでゴシゴシ拭くとハゲる可能性があります。

先ほど紹介したようにキューティクルが開いていて、ハゲれ落ちやすい状態になっているときに、髪の毛をタオルでゴシゴシしてしまうとどうなってしまうのかは想像がつくかもしれません。

キューティクルは髪の毛を守る鎧みたいなものなので、はがしてしまうと髪の毛にダメージは受けやすくなるのです。

髪の毛をタオルでゴシゴシ拭くという行為は、キューティクルをそぎ落とすのと同じなのです。

つまり、自分からキューティクルをはがしにかかっているのと同じ行動なのです。

今までタオルでゴシゴシ拭いてしまっていた・・・・

お姉さんお姉さん

気持ちを次に切り替えることが大切です。

切り替えてキューティクルを修復したり、次の髪の毛のケアをしっかりしていきましょう。

髪の毛は生え変わるので、新しい髪の毛をケアしてあげれば、ハゲになる可能性を低くすることができます。

こちらの関連記事でも、修復方法やキューティクルに関する詳しい情報を載せているので参考にしてみてください。

やっぱり優しく拭くのがハゲ予防には良い?

お姉さんお姉さん

そうですね、優しく拭く方が絶対にいいです。

優しく拭く方が良いのは、これまでにも紹介してきたようにキューティクルを落とさずに、髪の毛のダメージを最小限に抑えるからです。

濡れた髪の毛をタオルでゴシゴシ拭くとせっかくトリートメントまでちゃんとしていても髪の毛にダメージを与えることになって非常にもったいないのです。

そこで、優しく拭く方がいいのです。

『ゴシゴシしなければいいんだ!』と思って、髪の毛をギュッと握って水分を出そうとするのも実はアウトなのです。

ゴシゴシだけが髪の毛にダメージを与えるのではないのです。

それでは、正しいタオルでの髪の拭き方を紹介していきます。

濡れた髪の毛をタオルで優しく拭く方法

お姉さんお姉さん

優しく拭くポイントを抑えておきましょう。

よし、優しく拭くぞ!

と意気込んでもタオル自体が粗悪なものであれば同じです。

実は、タオルというのはかなり重要なアイテムなのです。

furo_bathtowel

 

あなたのタオルは『化学繊維』ではないでしょうか?

『タオルなんてどれもいっしょ・・・』と思い、貰い物や安いタオルばかりで髪の毛を拭いてしまっている時点で髪の毛にはダメージが十分にあるのです。

おすすめは『綿素材』です。

綿素材は髪の毛に優しいとされています。

やはり、マイクロファイバーなどの科学繊維はダメージを増やすだけなので注意が必要ですね。

髪の毛のためにも、『髪の毛にやさしいタオル』を用意して置かなければいけません。

やさしいタオルで、『頭皮を抑えるように水分を吸収させる』『タオルで包むように髪の毛の水分を吸収する』というのが髪の毛をタオルで優しく拭く方法です。

ここまでのまとめ

  • 濡れた髪の毛をタオルでゴシゴシするとキューティクルがはがれやすい
  • タオルの素材も重要
  • 頭皮を抑えるように水分と吸収させる
  • タオルで包むように髪の毛の水分を吸収させる

ハゲないためにドライヤーって使う方が良いの?

お姉さんお姉さん

ドライヤーも使いようによっては怖いです。もちろんいい面もあります。

髪の毛の乾かし方は1つではありません。

髪の毛を乾かすときにはドライヤーを使う人もたくさんいます。

こちらの記事に詳しく書いていますので参考にしてみてください。

使い方によっては、危険な場合もありますし、かなり便利な部分もあります。

自分の髪型なども考慮して使ってみるといいですね。

ハゲや薄毛を進行させないために

お姉さんお姉さん

専門医に相談したり、同じ悩みを抱えている人を参考にするといいですね。

ハゲや薄毛を進行させないためにはヘアケアが大切です。

髪の毛を優しくタオルで拭くだけでは、不十分です。

それは、髪の毛を傷まないように髪の毛を拭いただけなので、髪の毛のケアをしないキューティクルははがれ落ちやすい状態になってしまっています。

そこでおすすめなのが『ヘアオイル』です。

ヘアオイルは、キューティクルを保護してくれるので、必ず役に立ちます。

また、髪の毛を乾かしていると、どうしても抜け毛などを発見してしまうことがあって気になることがありますよね。

50本〜100本は毎日当たり前のように生え変わって抜けるので心配ないです。

cafe_money.ai2_40 (1)

それでも、『最近、髪が薄くなってきたかな・・・』と悩むのであれば。専門医へ相談するか、同じようにハゲや薄毛で悩んだ人を参考にケアをしていくといいです。

それでは、最後の今回の記事をまとめていきましょう。

今回の記事のまとめ

  • 濡れた髪はキューティクルがはがれやすい
  • 髪をタオルでゴシゴシ拭くとハゲる可能性もある
  • 優しく拭くだけではなく、拭き方やタオルも意識する
  • 拭いた後のヘアケアもしっかりとする
  • ハゲや薄毛が気になったら専門医や同じ悩みを持っていた人を参考にする