お姉さんお姉さん

ヘアワックスなどの整髪料はハゲの原因になっているのかを紹介していきます。

ハゲや薄毛を気にしてオシャレができない。』

ヘアワックスや整髪料ってハゲる原因になるの?

今回はヘアワックスや整髪料を使うとハゲる原因になるのかどうかを紹介していきます。

また噂によるとギャツビーって危ない?ということも含めて紹介していきますね。

今回の記事で、整髪料についての不安を解消していきましょう!

整髪料の種類

お姉さんお姉さん

基本的な成分はどれも同じです。

整髪料には様々なタイプがあります。

ワックス系・ムース系・ジェル系・スプレー系その成分はほとんど同じです。

主な成分

  • アクリル樹脂系のフィルム形成剤 (一種の接着剤、髪を固める作用)
  • 合成界面活性剤
  • シリコン油
  • 鉱物油などの油分
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤
  • 酸化防止剤

これの成分から油性成分を固形化したのがヘアワックスなんです。

ヘアワックスなど整髪料はハゲるのか?

お姉さんお姉さん

ヘアワックスなどの整髪料は付け方を間違えると毛穴が詰まってハゲの原因になってしまうこともあります。

当たり前なのですが、整髪料には育毛効果というのはありません。

一方、整髪料でハゲるという可能性はあります。

ですが、必ずハゲるとも限りません。

ヘアワックスなどの整髪料でハゲると言われるのは、基本的に付け方を間違えている可能性が高いです。

適切な使い方をすれば、ハゲる可能性はかなり軽減されます。

ハゲる可能性が高くなる原因をまとめていきましょう。

整髪料を長時間付ける

トイレに行っては整髪料をつける人っていますよね。

ああいった人はかなりハゲる可能性が高いです。

ヘアワックスや整髪料は髪の毛にとっていい成分が入っているわけではないので、当然髪の毛の負担はかかります。

それを長時間付けることがいいことではないということですね。

頭皮にヘアワックスが付着したままになっている

よく、ヘアワックスを髪の根元から付ける人がいますが、それは危険です。

確かに、根本からヘアワックスをつけることで、髪の毛を整えやすいですし、思った通りの髪型にできることがあります。

なぜ、根本につけるとハゲるのかというと、ヘアワックスはただでさえ、落としにくいです。

なので、根本につけると絶対に洗い残しがあるのです。

毛根にヘアワックスが入り込んでしまうと、髪の毛に栄養が行かなくなるのでハゲる原因になります。

body_keana_bad (1)

なので、ヘアワックスでハゲる原因になるのは、洗い落としが甘く頭皮について毛穴がつまってしまうことが原因です。

つけすぎや、時間のヘアワックス・整髪料をつけることはハゲにつながると言っていいです。

整髪料でハゲる原因

  • 長時間つける
  • 根本からつける
  • きっちり洗い落とせていない

ヘアワックス・整髪料はつけてはいけないのではない

お姉さんお姉さん

ヘアワックスなどの整髪料はつけてもハゲや薄毛になるわけではありません。ちゃんと使用量と使用法を間違えなければ大丈夫なのです。

ここまでは、ヘアワックスなどの整髪料をつけるとハゲに原因になるという視点でお話しました。

もしかしたら、ここまで読んだ人は、髪の毛に負担がかかるからヘアワックスや整髪料をつけるのを避けてしまうかもしれませんが、誤解しないでほしいのですがが、ヘアワックスや整髪料がハゲを引き起こすわけではないということです。

先ほども説明したように、長時間つけること、根本につけて頭皮に多く付着することで、『毛穴がつまってしまって髪の毛が弱る』ということです。

つまり、『適量』で『洗い流せる』状態であれば、全くハゲにはつながらないということです。

実は専門医も治療中でもヘアワックスや整髪料はつけていいと言っています。

ただし、ちゃんと治療薬を使用し、髪の毛が乾いた後なら問題はないとしているのです。

(このあたりは治療状態にもよると思いますが)

なので、ちゃんと使用量と使用法を間違えなければ、ハゲに直接つながらないということです。

専門医も『使いすぎや付けたまま長時間の放置には気をつけてください』と言っています。

やはり、ヘアワックス・整髪料の余分な脂分や付着した汚れが毛穴を詰まらせることが脱毛の原因になっているようです。

正しい使用方法としては、『その日のうちに綺麗に洗髪する』ことだそうです。

kamigata_set_man

ギャツビーは危険なのか?

お姉さんお姉さん

有名な所は悪い噂も広まりやすいです。ギャツビーが危ないのではありません。

どうしても大手の商品というのは、多くの人が使っているので、こういった噂が流れてしまいます。

ギャツビーは整髪料だけでなくデオトラントスプレーなどの防臭スプレーも有名ですよね。

松田翔太さんをCMで起用するほどの大手です。

やはり大手は使っている人も多いので、ハゲちゃった人がギャツビーを持っていたという人が多いだけの気がします。

というのも、整髪料がハゲに直結しないからです。

ちゃんとした量でその日のうちに、ちゃんと洗い流していれば、どんなヘアワックスや整髪料をつけていても大丈夫なはずです。

付け方や付ける量、つけている時間の長さを間違えてしまえば、どこのメーカーのものでもハゲや薄毛に近づくのです。

ギャツビーは大手なので、ハゲるという噂も流されてしまいやすいようですね。

ギャツビーが危険なのではないのです。

ハゲや薄毛で悩んだら

お姉さんお姉さん

ハゲや薄毛で悩んで、オシャレができないのはもったいないですね。専門医へ相談すればAGAの早期発見やハゲや薄毛の悩みを解決してくれるので安心です。

ここまで、ヘアワックスなどの整髪料とハゲの関係を紹介していきました。

薄毛になりつつあるな』と気にしだして、ヘアワックスなどの整髪料の使用をやめていても解決にはなりません。

つけないなら、つけないで負担もないのでいいのですが、薄毛が治るわけではないからです。

現在、髪の毛が薄くなってきたなと感じているならそれはチャンスです。

AGA(男性型脱毛症)は早期発見が治療のカギでもありますので、気になったら一度、専門医に相談するのがいいです。

この記事でも紹介したように、治療薬を塗って髪が乾いた後なら整髪料もつけて大丈夫という例もあります。

モヤモヤして髪の毛のスタイルをずっと整えないままでいるよりは、専門医に行って調べてもらえば、例え、AGA(男性型脱毛症)だったとしても、早期発見で治療を進めながら髪の毛のスタイルも整えることができるかもしれません。

現状よりは、かなりモヤモヤが無くなるはずです。

専門医へ行けば、早期発見で将来ハゲないようにできますし、気持よく髪の毛を整えることもできるようになりますね。

最後に情報をまとめておきます。

今回の記事のまとめ

  • ヘアワックスなどの整髪料の成分は大体同じ
  • 整髪料をつけるとハゲになるわけではない
  • 整髪料の使用量や使用法を間違えるとハゲの原因になる
  • 整髪料はその日のうちにしっかりと洗い流す
  • ヘアワックスなどの整髪料はハゲや薄毛の治療中でも使用できる
  • ギャツビーが危険ということはない