お姉さんお姉さん

帽子をかぶることによってハゲる危険があるのかを見ていきましょう。

日差しが強くなってくると、帽子をかぶることは必要ですよね。

しかし、髪の毛に悩みを持っている人は、『ムレる』『ハゲる』といったイメージでなかなか、帽子をかぶるときもドキドキしてしまいます。

帽子をかぶることに慣れてくると、今度は、帽子を脱ぐことにためらいを感じてしまうときもあります。

しかし、室内でボウシをかぶっていると危険という噂があります。

今回は、

  • 帽子はかぶった方がいいのか?
  • 帽子をかぶるとハゲやすいの?
  • 室内での帽子が特に危険は迷信・嘘?

ということについて見ていきましょう!

帽子をかぶることによる効果

お姉さんお姉さん

帽子は頭皮や髪の毛を守るために必要なアイテムです。

帽子をかぶる用途はそれぞれ違いますよね。

熱い時の直射日光を防ぐこと、冬場の寒さしのぎ、オシャレ

さまざまな理由で帽子はかぶります。

その帽子は頭皮や髪の毛にどういった影響を与えているのかを見ていきましょう。

 

boushi_boy

 

帽子と頭皮と髪の毛の関係

通気性の悪い帽子は当然ですが頭がムレます。

頭がムレるとやはり頭皮の環境が悪化してしまうことは避けられません。

細菌が増え頭皮が炎症してしまうことも考えられます。

しかし、逆にムレるほどかぶらなければ大丈夫ということも言えます。

帽子を長時間被ったままにしておくことが一番いけないということですね。

また、ムレるだけでなく、頭皮の血行を悪くするという状況にもなります。

あまり、しめつけが強い帽子だと、通気性が悪くなるのはもちろんなのですが、頭の血管まで圧迫してしまうので、血行が悪くなります。

頭皮の血行が悪くなるのは髪の毛へ血液が行かないということなので、もちろん髪の毛に悪い影響を及ぼします。

帽子をかぶるとハゲやすい?

お姉さんお姉さん

間違ったかぶり方をすればハゲます。

これまでは、帽子をかぶることによる悪い影響を紹介しましたが、帽子は正しくかぶれば、正しくかぶればかなり便利なアイテムです。

そもそも帽子の役割は、頭を守ることにあるからです。

頭を守るというのは、ヘルメットみたいに衝撃から守るという効果も少しはありますが、メインは太陽からの直射日光や紫外線からを守り、頭の温度上昇を防ぐことです。

頭の温度が上がれば、熱中症はもちろん体調を悪くしたり、頭皮が炎症を起こしてしまいます。

スクリーンショット 2016-06-12 18.51.55

また、冬場の寒い時期でも、頭が冷えることによって血行が悪くなり、髪の毛に栄養がいかなくなってもハゲるので、頭皮を寒さから守る効果もあります。

頭皮に炎症を起こすということは、髪の毛に大きな影響を与えることになります。

寒い時期での血行不良も髪の毛に大きな影響を与えます。

頭皮の炎症や血行不良は髪の毛の成長を大きく妨げるので、ハゲにつながります。

なので、帽子というのは、正しくかぶれば、ハゲの『防止』にもなるのです。

帽子をかぶるとハゲる?について一度まとめておきましょう。

ここまでのまとめ

  • 通気性の悪い帽子はムレる
  • しめつけの強い帽子は頭の血行を悪くする
  • 長時間がかぶっているとハゲる
  • 帽子は正しくかぶれば、ハゲの防止にもなるアイテム

正しい帽子のかぶり方

お姉さんお姉さん

正しくかぶって、頭皮や髪の毛を守りましょう。

さきほど帽子は頭皮を守ってれてハゲの防止にもなることを紹介しました。

では、正しい防止のかぶり方はどのようにするのかを紹介していきます。

帽子の正しいかぶり方は、適度に換気をすることです。

そして、帽子かぶって1日過ごしたあとは必ず頭を洗って寝るということです。

俺たちが汗をかかないということはありません。

湯シャン

ですので、夏はもちろん冬場でも頭皮に汗はかきます。

なので、頭皮の汗をそのままにしておくことが一番危険なのです。

そして、帽子の乾燥や除菌もしておきましょう。

頭皮だけでなく、帽子にも菌はいますので、帽子自体も清潔に保っておくほうがいいですね。

室内のボウシが特に危険は迷信・嘘?

お姉さんお姉さん

室内のボウシは危険です。

室内のボウシはやめておいた方がいいですね。

よほど寒くて仕方がない場合は体温の保持に必要ですが、それ以外ならば頭がムレて、汗がたまっていきます。

頭皮は適度に換気しておくことが大切ですので、紫外線や直射日光が当たらない家の中、寒さもある程度防げている室内であれば、ボウシは取ったほうがいいです。

室内までボウシをかぶっていると、長時間ボウシをかぶることになってかなりハゲる危険はあります。

なので、室内のボウシは特に危険という噂は迷信でも嘘でもなく、ホントなのです。

ずっと頭皮がムレている、ずっと頭の血管がしめつけられている状態になってしまうので、これは危険ですね。

ムレている状態では、細菌が繁殖しやすいので、そのまま寝てしまったりしたらホントにハゲる危険が大きいです。

ハゲと帽子について

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

俺も気持ちが痛いほどわかります。でも、ボウシは頭を隠すものではありません。勇気をもって専門医へ相談しましょう。

帽子はかなり必要なアイテムです。

それはハゲを防止するためでもあり、ハゲてしまった人の頭皮を守るためでもあります。

薄毛やハゲで悩んでいる人にとっては、防止は髪の毛を隠せるので、便利なアイテムでもありますが、室内でつけたままにしてしまうと逆にどんどん髪の毛が抜けていってしまうので、危険なのです。

なので、ハゲや薄毛で悩んでいる人は室内では、帽子をとるようにしましょう。

ずっと帽子をかぶっていれば、ハゲを気にすることはない・・・そんなふうに思ってしまうのが一番危険です。

実はどんどん自分の髪の毛を追い込んでしまっているのですから。

帽子で頭を隠していたら、心理的には少し楽かもしれませんが、『解決策』にはならないのです。

本当にハゲや薄毛を気にするのならば、室内では帽子をとることからはじめるほうがいいです。

そして、自分にあった頭のケアをする方がよほど楽になります。

現代ではハゲや薄毛の治療は専門医がありますし、どんどん薬も開発されています。

悩んだり、室内でもボウシをかぶるくらいのことをするならば、一度勇気を持って、専門医へ行ってみてください。

親切に教えてくれます。

ボウシを取れた勇気があれば、大丈夫です。

今回の記事のまとめ

  • 帽子は頭皮や髪の毛を紫外線から守るためのアイテム
  • 帽子は頭皮の炎症を防いでくれる
  • 帽子をかぶることは抜け毛の帽子にもなる
  • 室内でもかぶっていると長時間かぶることになり、ハゲる危険がある(菌が繁殖する・血行が悪くなる)
  • 室内でボウシを脱ぐ勇気と専門医へ相談する勇気を持つことが育毛への近道
  • 帽子は外ではかぶって室内では脱ぐ方がいい