お姉さんお姉さん

シャンプーの後のケアの大切さを見ていきましょう!

シャンプーをした後って、リンスをしなければいけないの?

という疑問を持っている人は少なくありません。

確かに、シャンプーをして、頭を洗い流して、その後で、またリンスをつけて洗い流す。

それってめんどくさいと思うのもうなずけます。

今回は、

  • なぜリンスをするのか?
  • リンスをしないとハゲの原因になるのか?
  • リンス・コンディショナー・トリートメントどれがいいの?

という3つのポイントを見ていきたいと思います。

リンスって何に効果あるの?

お姉さんお姉さん

リンスはシャンプーの後に髪の毛を整えてくれる重要な作業なのです。

リンスは基本的には、シャンプーをした後にするものとされていますよね。

そもそもリンスの役割とはなんなのか、というところから見ていきましょう!

ofuro_rinse

まず、シャンプーとは、頭皮や髪の毛についた汚れをとる髪の毛用の石鹸です。

シャンプーは頭の洗剤という方がしっかりくるかもしれません

食器に少しでも雑菌が残っていると食中毒やお腹をこわすので、綺麗にしなければいけませんよね。

なぜかというと、汚れを摂り過ぎるくらい取るからです。

洗剤で手が荒れるのと同じように、実は、汚れを摂り過ぎることによって、髪の毛や頭皮にもダメージはあるのです。

髪の毛のダメージをカバーしてくれるのがリンスなんです。

シャンプーとリンスは、逆の性質をもっていてるのです。

簡単にいえば、シャンプーの成分には界面活性剤が入っていて、その性質から髪の毛はマイナスの静電気がたまりやすいようになっています。

これが、ゴワゴワな髪になりやすい原因でもあります。

それをリンスが取ってくれることによって、髪の毛を保護したり、髪の毛がまとまるようにしてくれるのです。

シャンプーとリンスの関係にはこちらの記事でも紹介していきます。

リンスにおいて注意点なのですが、シャンプーに関しては頭皮を指の腹でモミモミしながら髪の毛の汚れを落とすので、頭皮の汚れを落とすのですが、リンス自体は頭皮につけない方がいいのです。

よく、シャンプーの後のリンスなので、リンスも頭皮から洗う人もいるのですが、実はこれは誤解なのです。

リンスは頭皮や地肌につけない方がいい理由は、リンスは髪の保護に使うので、油分の膜をはり、水分の蒸発予防効果があります。

なので、髪の毛につけると潤いがあるのですが、頭皮につけてしまうと、毛穴を塞いでしまうのです。

毛穴を塞いでしまうとハゲやすくなってしまいますので、本末転倒ですね。

頭皮についてしまうのも仕方がないので、髪の毛の保護をしっかりして、リンスの後はしっかり洗い流しましょう。

リンスとコンディショナーとトリートメントってどう違うの?

お姉さんお姉さん

大きくわけると、リンス・コンディショナーとトリートメントにわかれます。

リンスとコンディショナーは同じ意味です。
スクリーンショット 2016-06-04 23.34.30

コンディションという意味をもっているコンディショナーのほうが意味が伝わりやすいのですが、コンディショナーとは『整える』ということです。ちなみにシンスには、『すすぐ』という意味があったりします。

この2つの意味で区別されることがあるのですが、どちらも髪の毛の調子を整えることには変わりないのほぼ意味はいっしょですね。

どちらも髪の毛の蒸発を節だり、髪の毛にツヤを出す役割をもっているのですが、最近は『コンディショナー』と明記している方が多い気がします。

ただ、リンスとコンディショナーは髪の毛の外を保護するという役割、トリートメントは髪の表面と髪の内部のケアをするということです、

トリートメントは、髪の表面だけでなく、髪に栄養や油分を補ってくれます。

このように、呼び方によって、少しずつ意味が違ってくるのです。

リンスをしないとハゲる原因になるのか?

お姉さんお姉さん

直接的なハゲの原因にはなりませんが、リンスをしなければ髪の毛はだいぶ痛みます。痛みすぎると頭皮や今後の髪の毛に影響する可能性もあります。

今回の記事でも説明しているように、リンスというのは、髪の毛の保護のために行うものです。

髪の毛に潤いやツヤを持たせるため、つまりは綺麗な髪の毛にするためにリンスというものが存在します。

なので、ハゲになる直接の関係になるかといえば、『なりません』

しかし、髪に潤いやツヤがある方が、強く濃い髪の毛に見えるますね。

しいて言えば、リンスをしているのに、しっかりと洗い流さない方がハゲの原因になります。

リンスは油分で髪の毛の保護をするため、頭皮についたものをしっかりと洗い流さないと毛穴が詰まってしまいます。

毛穴がつまってしまうことこそ、ハゲの原因になってしまいます。

毛穴がつまると、髪の毛に十分に栄養が行き届かないので、早く抜ける原因になったり、頭皮が炎症を起して髪の毛が生えてこなくなる可能性もあります。

つまり、コンディショナーも同じです。

髪の毛の潤いやツヤのためにすることなので、やらなければハゲるということではありません。

ハゲに直結することはあまりないのです。

ただ、直結はしませんが、髪の毛が傷んでいくと、髪の毛がパサパサだったり栄養が抜けている状態になるので、薄毛っぽく見られる可能性はあります。

結局ハゲないためにはリンス、トリートメント、コンディショナーどれが髪にいいの?

お姉さんお姉さん

お気に入りのシャンプーと同じシリーズを買うのがいいです。メーカーによって定義が違いますが、シャンプーとセットになっていないものはトリートメントをするのがいいですね。

結論を言うとトリートメントだけでいいのです。

これは、花王が公式的に答えているのですが、トリートメントというのは、リンスやコンディショナーの機能をもっているものがほとんどなので、トリートメントだけでも十分ケアになるようです。

そして、今回紹介したリンス、コンディショナー、トリートメントの定義は各メーカーによって微妙に違うようです。

ということで、各メーカーのシャンプーやトリートメント、コンディショナーはできるだけ同じシリーズを購入したほうがいいですね。

メーカーやシリーズによっては、トリートメントをした後にコンディショナーをつけるということもありえなくはないので、順番などは要チェックですね。

ですが、基本的にはトリートメントだけでいいはずです。

今回の記事のように頭のケア1つで髪の毛は傷んだり、太く濃いイキイキとしたものになったりします。

ケアを間違えると髪が傷つくので意外とデリケートであることを意識していきましょう。

ハゲや薄げはリンスやコンディショナー、トリートメントをしていてもなることはあります。

AGA(男性型脱毛症)という病気があるので、日頃からちゃんと髪の毛のケアをしているのに髪の毛きになりだしたらAGAの可能性も十分あるので、すぐに専門医に相談しましょう。

AGAは進行性で発見が遅れれば遅れるほど治りにくいです。

なので、気になったときに専門医へ相談だけでも行っておくと今後の髪の毛のケアに困らないのでおすすめです。

今回の記事のまとめ

  • リンスをしなければ、髪の毛は痛むのでリンスは必要
  • リンスをしないことが、ハゲの直接の原因にはならない。
  • トリートメントをしっかりとする。
  • ちゃんとケアをしていてもハゲることはある。
  • AGAの可能性がある場合、今すぐにでも病院行く