お姉さんお姉さん

性欲とハゲの関係を見ていきましょう!

性欲が強いとハゲやすいって言うけどなんで?という疑問についてお話していきたいと思います。

性欲が強いというのは、男性ホルモンが影響しているのでしょうか?

今回はハゲと男性ホルモンと性欲について見ていきましょう!

性欲と男性ホルモンの関係

お姉さんお姉さん

性欲と男性ホルモンは関係があります。性欲が強いと男性ホルモンも多いとされています。

まずは性欲と男性ホルモンの関係を見ていきましょう。

実は性欲と男性ホルモンはかなり関係があります。

性欲が強い人は男性ホルモンが多く分泌していると言われています。

逆にいえば、男性ホルモンが多い人は性欲もかなり強いということです

男性ホルモンが多い男性の特徴はいくつかあります。

男性ホルモンが多い人の特徴

  • 体毛が濃い
  • 皮脂の分泌が多い
  • 髪の毛がうすい

男性ホルモンとハゲの関係

お姉さんお姉さん

男性ホルモンが多いと体毛が濃くなるようです。

男性ホルモンは性欲とかなり関係があるのですが、一番わかりやすい部分は眉毛が濃いということも言われています。

眉毛が濃い人は男性ホルモンが多いと思っていいですね。

なので、眉毛が太いひとは性欲が強いのかな・・・と考えてしまいます。

そして、

皮脂の分泌が多いです。

鼻やおでの皮脂の分泌が多い、いわゆるテカっている人は男性ホルモンが多いと言われています。

皮脂の分泌が多いということは、当然髪の毛の影響も少なからずあると思われます。

皮脂の分泌が多いと頭皮の炎症を起こしやすいと考えられています。

しっかりとケアをすれば、ハゲの直接の原因とはならないのですが、炎症を起こしたり、不潔のままでいる毛穴などに板金が入ってしまって髪の毛の成長の妨げになる可能性もあります。

そして、男性ホルモンが多いと髪の毛は薄くなります。

体毛や眉毛が濃いのに、髪の毛は薄くなるのです。

つまり、

性欲が強い=男性ホルモンが多い=髪の毛が薄い

という関係が成立するのです。

hair_hage_touchoubu

なぜ、男性ホルモンが多いとハゲるのか?

お姉さんお姉さん

男性ホルモンが髪の毛の成長期を短くせさるDHTというものに変わることが原因です。

男性ホルモンの一種『テストステロン』というものがあります。

これが、5−αリアクターゼとくっついて悪玉脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)というものに変わると髪の毛の成長期を短くしてしまうのです。

つまり、男性ホルモンが多いと、髪の毛の成長を短くする悪玉脱毛ホルモンも多く作られるということです。

毛を抜けさせる燃料が多いということですね。

baikin_genki

AGAと男性ホルモンの関係

お姉さんお姉さん

AGAの検査をすると、さきほど紹介したDHTが多く検出されます。

男性ホルモンの乱れがハゲや薄毛に大きく関わっていることは間違いありません。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのバランスが乱れて、髪の毛のサイクルを狂わせてしうまう病気です。

つまり、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうという病気なのです。

日本人の3人に1人はAGAで悩んでいると言われています。

そして、AGAは進行性なので、放置しておくとだんだん髪の毛は抜け落ちていきます。

徐々に変化していくので、ある日、気がついたらハゲていたなんてことにならないようにしておきたいですね。

兆候を見逃さないようにしないといけません。

シャンプーをしていて、100本以上抜けている、枕元に抜け毛が目立つ、髪の毛が細くなってきた、など兆候はいろいろあるので必ずチェックをしておきましょう。

男性ホルモンを減らせばいいの?

お姉さんお姉さん

減らすことは難しいので、専門医へ行って診断を受けることが一番です!

性欲が強いとハゲやすいのは、男性ホルモンが影響しているということを紹介してきました。

そこで『男性ホルモンを減らせば、いいんじゃないの?』と考えたかもしれません。

自分で男性ホルモンを減らすころは正直難しいです。

これは体質なので仕方がありません。

なので、抜け毛の原因である悪玉脱毛ホルモンのDHTを減らすには薬しかありません。

フェナステリドという薬があるのですが、これは厚生労働省が認可した成分で、皮膚科学会が推奨する医薬品です。

これは、医師の指導のもと、医療機関の処方が必要となります。

medical_syohousen

最近では、サガーロという薬剤も出ています。

よりDHTを抑える効果が期待されています。

こういった薬なしでは治療は不可能なので、必ず専門医へ相談するようにしうましょう。

薬局や発毛サロンなどでは絶対に手に入りません!

よく、男性ホルモンを抑えるために『性的な衝動を抑えよう』という人がいるのですが、それは難しいです。

ストレスをためて、よりハゲや薄毛を進行させるだけなのでおすすめしません。

一番は、やはり専門医へ相談することです。

AGAは早期発見が一番の治療の近道です。

男性ホルモンが多いかもしれない、将来ハゲるかもしれないと思っていて、少しでも兆候が見えたら専門医へ行くべきです。

この記事でも紹介しましたが日本人の3人に1人はAGAで悩んでいる言われています。

予備軍である可能性は十分にありますし、自然治癒は不可能なので、すぐに専門医へ行ってください。

AGA(男性型脱毛症)などのハゲや薄毛は自分でなんとかしようと思う時間すら、もったいないのです。