お姉さんお姉さん

頭皮の日焼けにはケアが必須です。日焼けしたまま、頭皮ケアをしないとどうなってしまうのか、紫外線に対する頭皮ケアやハゲないためにできることを紹介していきます。

日焼けするとハゲる?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

過度の日焼けはキューティクルを崩壊させ、髪の内部の乾燥につながってしまい、髪の毛をつくる毛母細胞も傷つけてしまうと言われています。

紫外線を侮ってはいけません。とくに、日差しが強く、日焼けする時期は頭部にも注意が必要です。

日焼けでハゲてしまう理由としては、頭皮が紫外線で傷んでしまうことが原因と言われています。というのも、紫外線は皮膚のシワやシミの原因になることはよく知られていますが、顔と同じように頭皮も皮膚の一部ですから、顔同様紫外線から悪影響を受けると考えれています。

紫外線によって、シミやしわ、たるみなどが出てくる『光老化』が起こりキューティクルを崩壊させ、髪の毛の内部を乾燥させてしまい、枝毛などのダメージヘアを引き起こす原因にもなっていくとクリニックでは記載があります。

頭皮に紫外線を受けると、光老化という肌の老化現象が起こります。その頭皮のトラブルによって、髪が健康に育たなくなるというリスクは出来れば避けたいものです

引用元:ゴリラクリニック

また、強い紫外線を受けた頭皮は、髪を作る毛母細胞を傷ついてしまい、髪の成長が阻害され、ヘアサイクルが乱れてしまうといわれています。傷んだ髪の毛のダメージは、日差しが強い時期にくるものばかりではありません。頭皮が炎症し、ひりひりした痛みやかゆみが出てでるだけではなく、紫外線のダメージが遅れてやってくることもあるのです。

年齢を重ねると、夏に紫外線を浴びると11月ごろに抜け毛が増加することもあるそうです。

紫外線によるダメージで11月ごろになったら抜け毛が増加することになってしまいます。

引用元:あやべビューティクリニック福岡

紫外線は抜け毛や薄毛といった髪のトラブルを原因になると考えれているようです。

紫外線を直接浴びてしまうため、頭皮の細胞を破壊してしまう恐れがあります。

そうなると、下記のようなトラブルが起こる可能性も…

・乾燥からくるかゆみ

・ヒリヒリとした痛み

・枝毛や切れ毛が増える

・髪の毛のツヤが無くなる

・抜け毛が増える

引用元:紀尾井町クリニック

強い日差しに対する頭皮ケア方法

お姉さんお姉さん

頭皮ケアは必須です。ケアの方法を紹介していきますので、詳しくは以下をご覧ください。 

日焼けした後の頭皮のケアは必須です。

日焼けをした後の頭皮のケアの方法

  • とにかく冷やす
  • 当日のシャンプーは避ける
  • ぬるま湯で流す
  • 頭皮に化粧水をつける
  • 消炎作用のもので保湿
  • あまりにひどい痛みのときは、皮膚科の病院へ

日差しにあたり、頭皮が熱くなってヒリヒリしている場合は、とにかく冷やすことが大切とされています。

頭皮がヒリヒリしたり、赤くなって炎症を起こしている場合は、その日にシャンプーをすることは避けた方がよく、熱いお湯もあまりよくないようで、ぬるま湯で洗い流し、化粧水を頭皮につけたあと、しっかりと保湿した方がいいようです。

日焼けはやけどですからら、なるべく早めに患部を冷やして炎症がひどくならないように抑えることが大事です。

少しほてりや赤みがひいてきたら、今度は保湿に入ります。

保湿剤は抗炎作用のある日焼け用のローションでもいいですし、顔用の化粧水でも構いません。

引用元:スカルプDボーテ

あまりに痛みがひどい場合、病院に行くことをおすすめします。

日焼け後ハゲないためにできること

お姉さんお姉さん

ハゲないための対策をしていきましょう。

日焼けがハゲや薄毛の原因となってしまうのは、頭皮が『やけど』してしまうことが原因のようです。

直火が原因では無いのでピンとこないかもしれませんが,日焼けはれっきとしたやけどです。

引用元:ながとクリニック

『やけど』によって頭皮が傷むと、髪の毛がだんだんと薄くなってしまうだけでなく、頭皮は炎症をおこし、痛み、かゆみという症状も出てしまうこともあるので、日差しが強い時には帽子をかぶることがおすすめされています。

頭皮が蒸れる事を気にして夏場に帽子をかぶらない人がいますが、紫外線は、髪を傷めてしまいます。紫外線でキューティクルがはがれ、髪の内部にある水分や栄養素が失われると、髪のツヤは無くなり、切れ毛につながります。また、紫外線による頭皮の光老化で頭皮が硬くなり毛根周囲の血流が悪化するため、髪の毛が細くなり抜け毛が増えます。
そうは言っても、帽子をかぶりっぱなしで頭皮が蒸れると、汗や皮脂を好む真菌が繁殖し頭皮の炎症を引き起こすことがあるので、髪にも良くはありません。帽子は、UVカット効果のある通気性が高いものを選ぶのがポイントです。

引用元:脇坂クリニック大阪

帽子をかぶると蒸れてハゲになると思うかもしれませんが、外に出るときは帽子をかぶる方が髪の毛のダメージは防げるようです。日差しが強いときは通気性のよい帽子をかぶるか、帽子を長時間かぶることが気になる人は、頭皮につけやすい、スプレータイプの日焼け止めや日傘を使うのも対策の一つとされています。

男性の方でも日傘をさす人はかなり増えているようです。

20代男性
日傘使ってます。毎日日焼け止め塗ったりホワイトニングのスキンケアをしたりしているので周囲は日傘に関してもそれほどつっこんできません。

高校3年の女子
私は夏休みに入ってから毎日のように日傘をさしている男性を見ますよ。
それも1人ではなく一日平均3・4人ぐらいです。
1番見かけた日には7人もいました。

引用元:ヤフー知恵袋

ハゲないためには、普段の頭皮ケアはもちろん、一度、自分の頭皮の状態を知ることも大切です。無料カウンセリングで自分の頭皮について知ることもおすすめです。

AGA(男性型脱毛症になっている場合、日焼けによって悪化させる場合があるようなので、『自分は大丈夫だ』と思っていてもハゲや薄毛の引き金になるかもしれません。

ハゲないためにできること