ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

頭皮の血行促進は、血液から髪の毛に必要な栄養を届けやすくするので、育毛に良いと思っている人は多いようです。しかし、血行をよくしようとマッサージをしたり、頭に刺激を与える方法を間違えると逆効果になってしまうこともあるようです。今回は、血行促進が育毛にどのような影響を与えるのか、また頭皮ブラシの使い方を紹介していきます。

頭皮の血行促進と育毛の関係性

お姉さんお姉さん

頭皮の血行促進は育毛に効果的といわれています。血行がよくなれば、毛乳頭・毛母細胞への栄養補給がとてもスムーズに行われるようです。

発毛促進には頭皮環境の健全化は大切なことです。マッサージは頭皮の血行を良くするので、大変効果的です。血行が良くなれば、毛乳頭・毛母細胞への栄養補給がスムーズに行われるようになります。頭全体を包み込むように両手で押さえ、適度な力で約5分間ゆっくりとマッサージしてください。なお注意点としては、指の腹で揉むように行い、爪を立てないことです

引用元:AGAスキンクリニック

血行促進は育毛環境を整えることができるようなので、育毛に効果的ではあるようです。しかし、実は逆効果になってしまう場合もあるようです。

血行促進が育毛の逆効果になる理由

お姉さんお姉さん

AGA治療のための薬の効果を最大限に引き出したり、髪の毛に栄養を届けるために血行促進は欠かせないのですが、『血行をよくするだけ』では逆効果になってしまう可能性もあるようです。

AGAが原因で薄毛になってしまっている場合、抜け毛の原因にっているDHTの働きも活発させてしまう可能性もあるようです。

育毛には頭皮ブラシの使い方が問題

お姉さんお姉さん

頭皮に刺激をあたえて、細胞を活性化させるために頭皮ブラシを使う人は注意が必要なようです。

頭皮ブラシで頭をたたいて、血流をよくし、抜け毛予防や育毛効果を期待していても、逆効果になってしまう可能性もあります。この頭皮ブラシの使い方に問題があるようです。

なぜならば、頭皮ブラシで頭をたたくという方法は、頭皮を傷つけしまう可能性があるからです。頭が赤くなり、内出血を起こしてしまう危険性があるようです。血行が良くなっていると勘違いする人も多く、頭をたたき続けると、内出血だけでなく、毛細血管を傷つける危険があるので要注意です。

毛細血管を通じて、髪の毛に栄養が届けられているので、毛細血管を傷つけてしまうと栄養不足の細い髪の毛になってしまう可能性があります。

ずいぶん昔、CMで流行ったが、実は良くない。頭皮に傷をつけてしまうし、傷あとは瘢痕性脱毛症といって毛が生えなくなってしまう恐れがある。血行をよくしようと思って頭皮を叩くんですが、そんな事で髪はすぐには増えないし、リスクが大きくなります。

引用元:KATO CLINIC

頭皮ブラシなでで頭を刺激する頭皮マッサージは自己流でやってしまうと頭にダメージを与えることがあるようです。頭皮はデリケートですので、力の加減を間違えたり、叩いたりしていると、頭皮が傷つき、抜け毛の原因になったりもするようです。また、菌が頭皮に入り込み、炎症を起こして抜け毛につながる可能性もあるようです。

まとめ

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

医学的治療を行わず、血行促進させることはDHTという悪玉男性ホルモンが髪の毛の成長を遅らせたり、ストップさせたりすることがあるようです。

頭皮ブラシで頭をたたくことは、頭皮を傷つけるリスクだけでなく、仮に頭皮の血流がよくなっても、ハゲやすくしてしまう危険もあるようです。

もちろん、AGA治療の過程で血行を良くする薬や施術を行うことはあります。しかし、これらは、DHTを抑制する薬や、施術も同時に行っていると考えられます。

オリジナル発毛薬のリキッドに配合されているミノキシジルは血管を拡張させて血流を増加させることで、髪の成長に必要な栄養分をより多く直接毛母細胞の毛乳頭に届けることができ、それが毛根の発毛力を高め髪の成長を早める働きをします。

引用元:AGAスキンクリニック

ただ単に血流をよくすることは、逆効果のリスクもあるかもしれませんが、血行促進からハゲや薄毛を改善する場合もあります。

生活習慣やストレスなどによる影響が毛髪に及び、血行不良から抜け毛が増えてしまうケースもあります。 皮脂の分泌異常の場合はその異常を治すように生活習慣の改善や投薬治療によって改善できますし、血行不良性のものであれば、血行を促進してやれば薄毛を改善できるケースもあります。 しかし日本人男性に最も多い男性型脱毛症は男性ホルモンという内分泌系の異状により起こり、また遺伝も強く関係するため、自分ではどうしようもないために治療には医師による医学的な治療が必要になります

引用元:東京AGAクリニック

血行促進はAGA治療の過程として必要になる場合があるようですが、医師による医学的な治療を行わずに、自分で血流をよくしようとすると、逆効果になることもあるようです。

特に頭皮ブラシの使い方を間違えたり、過度な自己流のマッサージで頭皮を傷つけることも逆効果になることもあるようので注意が必要です。

まとめ

  • 血行促進は育毛によい場合もあるが、ハゲを悪化させ逆効果になる場合もある
  • 頭皮ブラシや自己流頭皮マッサージは、頭皮を傷つけるリスクもある
  • 自分勝手な血行促進を行わず、AGA治療クリニックで医学的治療を受ける方がよい