自然乾燥 ハゲる

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

お風呂から上がったあと『ドライヤーを使って髪の毛を乾かす』か、『タオルで拭くだけで自然乾燥させるか』髪の毛を乾かす方法は大きく分けて2通りあります。ドライヤーを使用する人にとっては『濡れたままの髪の毛でいるとハゲるんじゃないか?』という思っている人がいる一方、『ドライヤーで乾かすと髪の毛が傷む』と思っている人もいるようです。『ドライヤーをしないとっはげるのか』、『髪の自然乾燥は危険なのか』何が正解なのか詳しくは以下をご覧ください。

 

hair_drier

1日50~100本は抜け毛が出る

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

確かに自分は『ドライヤーを使用した方がいいのか』、『自然乾燥させた方がいいのか』悩むことも大切ですが『ドライヤーを使用したから抜けた』、『自然乾燥させてたから抜けた』と思う前に、人は1日に50〜100本の髪の毛が抜けていることを意識しておくことも大切です。

ドライヤーを使用した方がよいか、自然乾燥させた方がよいかを考える前に、『抜け毛が出るのはあたり前』という意識を持っていることは大切です。

俺は抜け毛を見るたびに『なんで抜け毛がでるんだろう?』と不安になってしまい『ドライヤーを使っても抜けるし、使わなくても抜けるし、どうしたらいいだ!』とストレスが溜まっていました。

ドライヤーで乾かしていたとき、手で髪の毛をたくさんさわるので、指と指の間についた抜け毛が付くこともありました。手についた髪の毛を見るたびに『ドライヤー使って大丈夫なんだろうか?』といちいち不安になっていたんです。

自然乾燥だと、まだ髪がうっすら濡れているので、抜けた髪の毛が、他の髪の毛にくっついていたりするので見えないこともあります。なので、ライヤーを使ったから抜け毛が多いというのは間違いなのです。

毎日髪の毛は50本~100抜けることは当たり前という意識があれば、変に不安になることはありません。もちろん髪の毛のケアをちゃんとしないと、髪の毛が傷んでしまうので、髪の毛の乾かし方というのはかなり大きな問題です。

それでは、ドライヤーを使用したときと、自然乾燥させたときの違いを見ていきましょう。

ドライヤーをしないとハゲる?

お姉さんお姉さん

必ずドライヤーをしなければハゲるわけではありません。しかし、自然乾燥の場合は余分な水分がのこらないようにタオルで拭く必要があります。

ドライヤーで乾燥させると、髪の毛に余分な水分は残りません。髪の毛が濡れている状態はキューティクルが開いている状態なので、髪の毛が痛みやすい状態が続きます。しかし、ドライヤーで乾かすことによって、キューティクルを閉じることができるので髪の毛を摩擦などの外部のダメージを保護しやすいのです。

では、すぐに髪の毛を乾かない自然乾燥はハゲやすかったり、髪の毛にダメージがあったりするのでしょうか?

実は自然乾燥にもメリットはあります。ドライヤーみたいに髪の毛に熱を加えることがないので、熱によるダメージがありません

熱によって髪の毛へのダメージがないことは、髪の毛にやさしいといえます。しっかりとタオルで余計な水分を拭くことができれば、『自然乾燥は危険ではない』のです。

ドライヤーを使う人にとって、自然乾燥をしないのは『ずっと濡れていると髪の毛が痛む』という思いがあるからだと思います。

ただし、髪の毛が濡れたままだと乾燥や痛みにつながることは間違いありません。しっかりと水分をタオルで丁寧にとってあげる必要があります。

ドライヤーは髪の毛を乾かし、キューティクルを閉じて髪の毛のダメージを軽減させてくれますが、ドライヤーしすぎると髪の毛に熱のダメージを与えてしまう危険もあるのということを意識しておかなければいけません。

furoagari_man

大切なのはキューティクル

お姉さんお姉さん

キューティクルのケアがとても大切です。

ここまでのおさらい

  • 抜け毛は自然現象なのでドライヤーが原因ではない
  • ドライヤー乾燥:早く髪の毛を乾かせるが、熱によるダメージを与えやすい
  • 自然乾燥:余計な水分を残すと髪が傷みやすい

髪の毛のダメージに関しては、ドライヤーのやり方にもよります。ドライヤーの当てすぎは、かなり髪にダメージを与えることになります。逆に、自然乾燥だと、余分な水分が髪の毛についたまま過ごすので、髪の毛がかえって乾燥したり、傷んだりします。

余分な水分を残さない、余分な熱を加えないことが一番です。ただ、どちらのアプローチから髪の毛を一番いい状態に持って行ったとしても、その後のケアが抜けてしまいがちです。お風呂から出たあとはキューティクルがはがれやすい状態になります。

キューティクルをケアができていなければ、『髪の毛のケアができている』とは言えません。キューティクルがはがれているとハゲや薄毛の原因にもなります。

大切なのは、キューティクルのケアです。『ヘアオイル』をつけることも乾燥後のケアの方法の一つです。肌が乾燥しやすい人がお風呂から出たあと、ボティクリームを塗ったりするのと同様にヘアオイルは、キューティクルを保護してくれるのに役立ち、髪の毛が乾燥しすぎるのを防いでくれます。

オイルを塗り自然乾燥させる方法は、スーパーモデルのミランダ・カーさんも実践しているといわれています。もちろん、ヘアオイルを塗った後にドライヤーで乾燥させる方法もあります。

ドライヤーを使わないとハゲるということも、自然乾燥が危険なわけでもありません。ただ、ヘアオイルを使用するなどの髪の毛の保護ケアをしっかりとしておくこは大切です。

男性は髪の毛が女性よりも短い人が多いので、自然乾燥でも余計な水分は残りづらいとかもしれません。しっかりとケアをしているのに、ハゲや薄毛が気になる場合は専門医に相談してみるといいですね。

この記事のまとめ

  • 人は毎日50〜100本の抜け毛がでる
  • ドライヤーを使うか、自然乾燥させるかは問題ではない。
  • ドライヤーを使用するなら熱によるダメージを与えないようにする。
  • 自然乾燥なら、しっかりと余分な水分を拭くようにする。
  • 『ドライヤーならハゲない』や『自然乾燥は危険』は間違い
  • ヘアオイルでのキューティクルのケアが大切
  • ケアしているのにハゲや薄毛が気になるなら専門医へ相談するのがベスト