ハゲ 遺伝で決まる

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

父親や祖父がハゲていたら『自分も将来ハゲる』いう噂を聞いたことがあるかもしれません。『ハゲは遺伝する』は正しいのでしょうか?今回は『将来自分はハゲるんじゃないか?』と不安に思う人に、『ハゲてしまうことは決まっているのか?』『ハゲる確率は上がるのか?』など『ハゲと遺伝』について紹介していきます!詳しくは以下をご覧ください。

父や祖父がハゲていたら自分もハゲる確率は上がる?

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

遺伝子が原因のAGAは25%と言われています。

青年期になってハゲるので若年性脱毛の名もあるが, 俗にいう若ハゲである. いずれにしても思春期以後に現れ, 男性ホルモンが関与するのでandrogenic alopecia, また家族的素因が大きいのでandrogenetic alopeciaとも云われる.

引用元:男性型脱毛 その特性と未来像

環境的な要因が大きいとはいえ、遺伝が原因でAGAになることもあるので薄毛は遺伝するので、家族にハゲがいない人よりかはハゲる確率は上がると思われます。

母親の祖父がもしハゲていたら50%の確率
ハゲの遺伝子を持っていることになります。

引用元:あやべビューティクリニック福岡

現在の研究では『AGAの原因となる遺伝子』は母親から受け継がれるX遺伝子に入っているとされており、『母方の祖父』がもし薄毛ならば50%の確率で『あなたもハゲの遺伝子を持っている』ようです。

oldman_75

では、父親からの遺伝は無視しても大丈夫なのでしょうか?

薄毛の原因は遺伝だけでなく、テストステロンと5αリダクターゼが結合したDHT(ジヒドロテストステロン)が原因とされています。

5αリダクターゼの活性が高い遺伝子は父親からも母親からも遺伝するので、父親がもし『5αリダクターゼの活性が高いことが原因で薄毛』になっているならば、父親からも『5αリダクターゼの活動が高い』遺伝子を受け継いでいることになります。

『5αリダクターゼの活動が高いと、テストステロンと結びついてハゲの原因となるDHTになる確率は高くなる』考えられるので、父や『母方の祖父』がハゲていればあなたがハゲてしまう確率は高くなるといえます。

ここまでまとめ

  • 母方の祖父がハゲていると50%の確率で薄毛の遺伝子は受け継いでいる
  • 遺伝子を受け継いでいるからといって必ずハゲるわけではない
  • 父親か母親が5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を持っていればこどもは受け継ぐ(5αリダクターゼの活性しているとDHTになりやすいと考えれる)

しかし、遺伝によってハゲる確立は上がってしまうかもしれませんが、必ずハゲるというわけではありません!

遺伝とハゲの関係性

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

家族にハゲや薄毛がいるからといって必ずハゲるわけではありません。遺伝よりも環境的な要因が大きいことがわかりました!

『あ〜、自分はハゲるんだ・・・』とがっかりしないでください!家族にハゲがいるからといって『必ずハゲる』とは限りません。こちらの論文がその根拠です

参考論文  双子の男性型脱毛症患者11 組の治療経験の報告

Eleven pairs of Japanese male twins suggest the role epigenetic differences in androgenetic alopecia

論文によると、AGAは前頭部・頭頂部を中心に進行する脱毛症であり『遺伝的な要素がかなりある』とのことです。しかし、『遺伝子以外の状況によって変わるのか?』『食事・喫煙・飲酒など生活習慣の違いが影響するのではないか?』を遺伝的要素が同じ条件である双子11組を実験に使い検証したところ双子を使った実験から『ハゲは遺伝よりも環境的な要因が大きいことがわかりました。

双子は親から引き継ぐ遺伝は同じはずですが、生活がまるごといっしょとは限りません。薄毛治療についても『同じ治療』をしているのに兄弟の間で差が出てしまうようです。つまり、『ハゲの要素は遺伝よりも生活環境の影響が一番大きい』のです。

それでもやはり『遺伝』は関係してくるので、身内にハゲがいると気になりますよね。ですが、父親や祖父がハゲているからといって、必ずハゲるとは限らないのです。

確率は大幅にあがってしまいますが、100%ではないので、しっかりと髪の毛のケアをしましょう!

遺伝で不安なら早めに対策

char no=”1″ char=”ハゲを笑うなと主張するオレ”]遺伝子検査付きの育毛剤があります![/char]

遺伝とハゲは関係しているが、遺伝よりも環境の影響が大きいとされています。それでも、『自分にはハゲになる遺伝が入っているのでは?』と不安になると思います。

実はストレスや生活習慣からくるAGA(男性型脱毛症)と遺伝が要因のAGAでは、治療法が異なるのです。なので、自分がどちらかもわからないのに、勝手に育毛剤や薄毛対策をするとかえって悪化することも考えられます。

安心して薄毛対策をしたいけど、どんな育毛剤を使えばいいのかわからない場合は遺伝子検査ができる病院へ行くといいのですが、近くの病院を探すのも苦労しますよね。さらに、長時間診察待ちをしたり、検査結果をまた病院に受け取りにいったりと、時間と手間がかかりすぎることもあります。

そこで、ハゲや薄毛の遺伝が気になる人は遺伝子検査付きの育毛剤【ペルソナ】を使うと良いです。ペルソナは検査キットが送られてくるので病院で長時間待つこともありませんし、高額な検査費用がかかることもありません。遺伝子検査によってあなたに最適な育毛剤を提供してくれます。

育毛剤ペルソナの詳細を公式ページで確認してみる