ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

日差しが強くなってくると、帽子をかぶることが多くなりますよね。しかし、髪の毛に悩みを持っている人は、『ムレる』『ハゲる』といったイメージから、帽子をかぶるときもドキドキしてしまいます。帽子をかぶることによって本当にハゲる危険があるのかを見ていきましょう。

  • 帽子はかぶった方がいいのか?
  • 帽子をかぶるとハゲやすいの?
  • 室内での帽子が特に危険は迷信・嘘?

詳しく以下をご覧ください。

帽子をかぶるとハゲやすい?

お姉さんお姉さん

日差しが強い日の直射日光の対策、冬場の寒さしのぎ、オシャレ、さまざまな理由で帽子をかぶりますよね。帽子が頭皮や髪の毛にどういった影響を与えているのかを見ていきましょう。

 

boushi_boy

 

帽子は『頭皮や髪の毛を守ってくれるもの』です。暑い日に『ムレるから』と帽子を被らないでいると頭皮や髪の毛にダメージを与え、抜け毛につながるようです。

紫外線によるダメージで抜け毛が起きない様に帽子をかぶることは非常に重要です。

引用元:あやべビューティクリニック福岡

つまり、帽子はハゲないようにするアイテムでもあるのです。特に、夏は紫外線も強く、頭皮をやけどしやすいので、帽子を身に着けた方が抜け毛対策になります。

しかし、なぜか『帽子をかぶることがハゲにつながる』という印象が強いです。次は、部屋の中でもボウシをかぶることがハゲにつながるのかをみていきましょう。

室内のボウシが特に危険は迷信・嘘?

お姉さんお姉さん

室内のボウシは危険です。外で頭皮や髪の毛を守れても、室内でボウシを取らず長時間かぶっていると頭皮が蒸れやすくなり、皮脂が分泌され、雑菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

帽子を長時間被ったままにしておくと危険です。通気性の悪い帽子だと頭皮の環境が悪化してしまうことがあります。細菌が増え頭皮が炎症してしまうことも考えられます。

よほど寒くて仕方がない場合は体温の保持には必要ですが、頭皮は適度に換気しておくことが大切ですので、紫外線や直射日光が当たらない、寒さもある程度防げている室内であればボウシは取ったほうがいいです。

なので、室内までずっと長時間ボウシをかぶっていると、ハゲる危険はあります。室内のボウシは特に危険という噂は迷信でも嘘でもなく、ホントなのです。

また、室内まで長時間ボウシをかぶっていると、ムレるだけでなく、頭皮の血行を悪くするという状況にもなります。しめつけが強い帽子だと頭の血管まで圧迫してしまうので、血行が悪くなり、頭皮環境を悪化させるのです。

頭部の血行不良は抜け毛につながるので注意が必要ですね。

正しい帽子のかぶり方

お姉さんお姉さん

帽子を正しくかぶって、抜け毛対策をしましょう。

帽子の役割は、夏では太陽からの直射日光や紫外線からを守り、頭の温度上昇を防ぐことです。頭の温度が上がれば、熱中症はもちろん体調を悪くしたり、頭皮が炎症を起こしてしまいます。

ただし、長時間ボウシをかぶっていると、頭がムレて頭皮に汗が溜まってしまうので、こまめに着脱することをおすすめします。

 

スクリーンショット 2016-06-12 18.51.55

また、冬場の寒い時期でも、頭が冷えることによって頭皮の血行が悪くなります。髪の毛に栄養がいかなくなってもハゲるので、ボウシで頭皮を寒さから守ることも大切です。頭皮の炎症や血行不良は髪の毛の成長を大きく妨げるので、ハゲにつながります。

また、ボウシは使用後にこまめに洗濯することをおすすめします。

帽子が頭皮の汗を吸ったままの状態で放置しておくと雑菌が増えてしまいます。雑菌だらけの帽子をかぶることは頭皮にとって良いとはいえません。菌が毛穴から入り炎症を起こすことも考えられます。

シャンプーやコンディショナーで頭皮ケアをするだけでなく、ボウシのケアも忘れないようにしましょう。

 

ここまでのまとめ

  • 通気性の悪い帽子はムレる
  • しめつけの強い帽子は頭の血行を悪くする
  • 長時間がかぶっているとハゲる
  • 帽子は正しくかぶれば、ハゲの防止にもなるアイテム
  • こまめに洗濯をする

湯シャン

ハゲと帽子について

ハゲを笑うなと主張するオレハゲを笑うなと主張するオレ

帽子があれば、多少コンプレックスを隠せる・・・俺も気持ちは痛いほどわかるつもりです。でも、ボウシは頭を隠すものではありません。勇気をもって専門医に相談しましょう。

帽子は夏にも冬にも必要なアイテムです。頭皮や髪の毛を守るだけでなく、俺たちにとっては頭皮や髪の毛のコンプレックスを隠すアイテムでもあります。

薄毛やハゲで悩んでいる人にとっては、ボウシは髪の毛を隠せるので、便利なアイテムでもありますが、室内でつけたままにしてしまうと逆にどんどん髪の毛が抜けていってしまう危険もありるのです。

なので、ハゲや薄毛で悩んでいる人は室内では、帽子をとるようにしましょう。

ずっと帽子をかぶっていれば、ハゲを気にすることはない・・・そんなふうに思ってしまうのが一番危険です。長時間ボウシをかぶることで、自分の髪の毛を追い込んでしまっているのですから。

帽子で頭を隠していたら、心理的には少し楽かもしれませんが、『解決策』にはならないのです。

本当にハゲや薄毛を気にするのならば、室内で帽子をとることからはじめるほうがいいです。そして、自分にあった頭のケアをする方がよほど楽になります。

現代ではハゲや薄毛の治療は専門医がありますし、どんどん薬も開発されています。悩んだり、室内でもボウシをかぶるくらい悩んでいるならば、一度勇気をふりしぼって専門医へ行ってみてください。

今回の記事のまとめ

  • 帽子は頭皮や髪の毛を紫外線から守るためのアイテム
  • 帽子は頭皮の炎症を防いでくれる
  • 帽子をかぶることは抜け毛の予防にもなる
  • 室内でもかぶっていると長時間かぶることになり、ハゲる危険がある(菌が繁殖する・血行が悪くなる
  • 帽子はこまめに洗濯するほうがよい
  • 室内でボウシを脱ぐ勇気と専門医へ相談する勇気を持つことが育毛への近道